錦絵(にしきえ)とは、江戸時代中期に確立した、版元、絵師、彫師、摺師四者の分業による、木版画浮世絵の完成形態である。本論では、一枚摺りもしくは連作を指し、版本は含めない。明治末期まで多く摺られた。

Property Value
dbo:abstract
  • 錦絵(にしきえ)とは、江戸時代中期に確立した、版元、絵師、彫師、摺師四者の分業による、木版画浮世絵の完成形態である。本論では、一枚摺りもしくは連作を指し、版本は含めない。明治末期まで多く摺られた。 (ja)
  • 錦絵(にしきえ)とは、江戸時代中期に確立した、版元、絵師、彫師、摺師四者の分業による、木版画浮世絵の完成形態である。本論では、一枚摺りもしくは連作を指し、版本は含めない。明治末期まで多く摺られた。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 100651 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3667 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79542193 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 錦絵(にしきえ)とは、江戸時代中期に確立した、版元、絵師、彫師、摺師四者の分業による、木版画浮世絵の完成形態である。本論では、一枚摺りもしくは連作を指し、版本は含めない。明治末期まで多く摺られた。 (ja)
  • 錦絵(にしきえ)とは、江戸時代中期に確立した、版元、絵師、彫師、摺師四者の分業による、木版画浮世絵の完成形態である。本論では、一枚摺りもしくは連作を指し、版本は含めない。明治末期まで多く摺られた。 (ja)
rdfs:label
  • 錦絵 (ja)
  • 錦絵 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:type of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:type of
is foaf:primaryTopic of