Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 銅鑼(どら)は体鳴楽器に属する打楽器の一つである。青銅、真鍮、鉄などでできた金属製円盤を枠(ドラスタンド)に吊るして、桴で打ち鳴らす。仏教の法要、民俗芸能の囃子、歌舞伎下座音楽、出帆の合図など広く用いられる。広義のゴングを指し、狭義では東洋のゴングのみを指す。欧米の管弦楽などで用いる銅鑼をゴング、凸形の中国系の銅鑼をタムタム、インドネシアのガムランなどに用いる銅鑼をゴンやボナンと言う。はっきりした音程はないが、一定の音程に調律するものもあり、近年では小さめの銅鑼を並べて音程を表現する方法もある。音を止めるときは尻を使うこともある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 150520 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 891 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59184078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 銅鑼(どら)は体鳴楽器に属する打楽器の一つである。青銅、真鍮、鉄などでできた金属製円盤を枠(ドラスタンド)に吊るして、桴で打ち鳴らす。仏教の法要、民俗芸能の囃子、歌舞伎下座音楽、出帆の合図など広く用いられる。広義のゴングを指し、狭義では東洋のゴングのみを指す。欧米の管弦楽などで用いる銅鑼をゴング、凸形の中国系の銅鑼をタムタム、インドネシアのガムランなどに用いる銅鑼をゴンやボナンと言う。はっきりした音程はないが、一定の音程に調律するものもあり、近年では小さめの銅鑼を並べて音程を表現する方法もある。音を止めるときは尻を使うこともある。
rdfs:label
  • 銅鑼
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:打楽器 of
is foaf:primaryTopic of