Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 銃剣道(じゅうけんどう)は、旧日本軍において訓練されていた銃剣術を、太平洋戦争後に競技武道化したもの。木銃(もくじゅう)を用いて相手の喉、胴などを突き合う競技である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 48697 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56180359 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主要技術
  • 刺突
prop-ja:使用武器
  • 木銃(木製の着剣小銃)
prop-ja:公式ウェブサイト
prop-ja:派生種目
prop-ja:源流
prop-ja:画像名
  • 銃剣道.JPG
prop-ja:画像説明
  • 銃剣道の大会風景(自衛隊の部)
prop-ja:発生年
  • 昭和31年(1956年)
prop-ja:読み
  • じゅうけんどう
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 銃剣道(じゅうけんどう)は、旧日本軍において訓練されていた銃剣術を、太平洋戦争後に競技武道化したもの。木銃(もくじゅう)を用いて相手の喉、胴などを突き合う競技である。
rdfs:label
  • 銃剣道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:派生種目 of
is foaf:primaryTopic of