Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 銀雀山漢簡(ぎんしゃくざんかんかん)は、中国山東省臨沂県銀雀山漢墓群で1972年4月に発掘された竹簡群の総称である。銀雀山1号墓からは4942枚、2号墓から32枚の竹簡が出土しており、先秦時代に著された古籍の貴重な資料となっている。この竹簡は発掘現場から程近い銀雀山漢墓竹簡博物館に常設展示されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1728325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1531 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50455357 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:カタカナ
  • インチュエシャン ハンジェン
prop-ja:ピン音
  • Yínquèshān Hànjiǎn
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像の説明
  • 銀雀山漢墓竹簡博物館
prop-ja:簡体字
  • 银雀山汉简
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 銀雀山漢簡(ぎんしゃくざんかんかん)は、中国山東省臨沂県銀雀山漢墓群で1972年4月に発掘された竹簡群の総称である。銀雀山1号墓からは4942枚、2号墓から32枚の竹簡が出土しており、先秦時代に著された古籍の貴重な資料となっている。この竹簡は発掘現場から程近い銀雀山漢墓竹簡博物館に常設展示されている。
rdfs:label
  • 銀雀山漢簡
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:imageCaption of
is foaf:primaryTopic of