Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 銀杏髷(いちょうまげ)とは江戸時代を通して最も一般的だった男性の髪形を指す。銀杏頭とも。また女性の島田髷のバリエーションにも同名のものがある。(現在一般に「ちょんまげ」と呼ばれるのはこの髷のことだが、本来の「丁髷」は髪の少ない老人などが結う貧相な髷を言う言葉でまったくの別物。)月代(さかやき)を剃り、髻を作って頭頂部に向けて折り返しその先(刷毛先)を銀杏の葉のように広げたもの(広げない場合も多い)。身分や職業によって結い方に特徴がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 616594 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1728 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59125646 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-04
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 銀杏髷(いちょうまげ)とは江戸時代を通して最も一般的だった男性の髪形を指す。銀杏頭とも。また女性の島田髷のバリエーションにも同名のものがある。(現在一般に「ちょんまげ」と呼ばれるのはこの髷のことだが、本来の「丁髷」は髪の少ない老人などが結う貧相な髷を言う言葉でまったくの別物。)月代(さかやき)を剃り、髻を作って頭頂部に向けて折り返しその先(刷毛先)を銀杏の葉のように広げたもの(広げない場合も多い)。身分や職業によって結い方に特徴がある。
rdfs:label
  • 銀杏髷
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of