Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鉛筆(えんぴつ)とは筆記具・文房具の一種。顔料を細長く固めた芯(鉛筆芯)を軸(鉛筆軸)ではさんで持ち易くしたものである。紙に筆記するために使われる。鉛筆の片側の末端部分を削って露出させた芯を紙に滑らせると、紙との摩擦で芯が細かい粒子になり、紙に顔料の軌跡を残すことで筆記される。顔料には木炭が使われているものもあり、これは「チャコールペンシル」と称され画材に使われている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 17107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58994874 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:中身の概要
  • 原材料から鉛筆ができるまでの流れを説明した動画。取材先は愛知県新城市のトンボ鉛筆新城工場。
prop-ja:動画タイトル
  • 鉛筆のできるまで
prop-ja:動画番号
  • B980601006
prop-ja:時間
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:番組番号
  • B980601
prop-ja:製作年度
  • 1998 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鉛筆(えんぴつ)とは筆記具・文房具の一種。顔料を細長く固めた芯(鉛筆芯)を軸(鉛筆軸)ではさんで持ち易くしたものである。紙に筆記するために使われる。鉛筆の片側の末端部分を削って露出させた芯を紙に滑らせると、紙との摩擦で芯が細かい粒子になり、紙に顔料の軌跡を残すことで筆記される。顔料には木炭が使われているものもあり、これは「チャコールペンシル」と称され画材に使われている。
rdfs:label
  • 鉛筆
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of