Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「鉄道唱歌」(てつどうしょうか)は、明治時代に作詞された唱歌。全6集・374番からなる(1962年に「北海道唱歌」が発見される以前は、全5集・334番と言われていた。また、大和田建樹の郷里を歌った「伊予鉄道唱歌」を本編に含め、全7集・399番とする説もある)。第1集東海道編第1番の歌詞である、「汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり……」は広く知られている。長らく日本一歌詞が長い歌だったが、1987年に発表された「石坂まさを一人旅して─全国我が町音頭」(県別編・市町村編合わせて3355番)に記録を大幅に塗り替えられた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 20444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10370 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 299 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59183714 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「鉄道唱歌」(てつどうしょうか)は、明治時代に作詞された唱歌。全6集・374番からなる(1962年に「北海道唱歌」が発見される以前は、全5集・334番と言われていた。また、大和田建樹の郷里を歌った「伊予鉄道唱歌」を本編に含め、全7集・399番とする説もある)。第1集東海道編第1番の歌詞である、「汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり……」は広く知られている。長らく日本一歌詞が長い歌だったが、1987年に発表された「石坂まさを一人旅して─全国我が町音頭」(県別編・市町村編合わせて3355番)に記録を大幅に塗り替えられた。
rdfs:label
  • 鉄道唱歌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:出囃子 of
is foaf:primaryTopic of