Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鈴木 雅洲(すずき まさくに、1921年(大正10年)5月21日 - )は、日本の産婦人科医、東北大学名誉教授。宮城県出身。東京帝国大学医学部卒。1955年東北大学医学博士。東北大学医学部産婦人科教室、1964年新潟大学医学部教授、1970年東北大学医学部教授。1983年日本で初めて体外受精児の誕生に成功、1992年顕微鏡下での授精による出産を成功させる。1985年東北大退官、名誉教授、小山市民病院院長、1986年スズキ病院(現・スズキ記念病院)院長。2015年、「ヒト体外受精・胚移植の確立と普及に関する研究」により日本学士院賞を受賞。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2912942 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2473 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58984461 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鈴木 雅洲(すずき まさくに、1921年(大正10年)5月21日 - )は、日本の産婦人科医、東北大学名誉教授。宮城県出身。東京帝国大学医学部卒。1955年東北大学医学博士。東北大学医学部産婦人科教室、1964年新潟大学医学部教授、1970年東北大学医学部教授。1983年日本で初めて体外受精児の誕生に成功、1992年顕微鏡下での授精による出産を成功させる。1985年東北大退官、名誉教授、小山市民病院院長、1986年スズキ病院(現・スズキ記念病院)院長。2015年、「ヒト体外受精・胚移植の確立と普及に関する研究」により日本学士院賞を受賞。
rdfs:label
  • 鈴木雅洲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of