Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鈴木 貫太郎(すずき かんたろう、1868年1月18日(慶応3年12月24日) - 1948年(昭和23年)4月17日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将。位階は従一位。勲等は勲一等。功級は功三級。爵位は男爵。海軍士官として海軍次官、連合艦隊司令長官、海軍軍令部長(第8代)などの顕職を歴任した。予備役編入後に侍従長に就任、さらに枢密顧問官も兼任した。二・二六事件において襲撃されるが一命を取り留めた。枢密院副議長(第14代)、枢密院議長(第20・22代)を務めたあと、小磯國昭の後任として内閣総理大臣(第42代)に就任した。一時、外務大臣(第70代)、大東亜大臣(第3代)も兼任している。陸軍の反対を押し切って大東亜戦争を終戦に導いた。
dbpedia-owl:activeYearsStartDate
  • 2015-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthDate
  • 1924-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1948-04-17 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 15617 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 29952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 561 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58911884 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:reference
  • 『鈴木貫太郎伝』 同編纂委員会編 昭和35年(1960年)
prop-ja:title
  • 内閣総理大臣
  • 呉鎮守府司令長官
  • 外務大臣
  • 大東亜大臣
  • 枢密院副議長
  • 枢密院議長
  • 海軍軍令部長
  • 第三艦隊司令長官
  • 第二艦隊司令長官
  • 連合艦隊司令長官
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • --01-27
  • --04-07
  • --04-15
  • --06-24
  • --07-27
  • --08-10
  • --12-01
  • --12-15
prop-ja:その他職歴
  • 第3代 大東亜大臣(兼務)
  • 第70代 外務大臣(兼務)
prop-ja:サイン
  • SuzukiK kao.png
prop-ja:人名
  • 鈴木 貫太郎
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 和泉国大鳥郡伏尾新田
prop-ja:出身校
prop-ja:前代
  • 41 (xsd:integer)
prop-ja:前職
prop-ja:前首相名
  • 小磯國昭
prop-ja:国旗
  • JPN
prop-ja:在任期間
  • --04-07
prop-ja:就任日
  • --04-07
  • --06-24
  • --08-10
  • --12-15
prop-ja:当代
  • 42 (xsd:integer)
prop-ja:次代
  • 43 (xsd:integer)
prop-ja:次首相名
  • 東久邇宮稔彦王
prop-ja:死没地
  • 千葉県
prop-ja:没年月日
  • 1948-04-17 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --01-18
  • --12-24
prop-ja:画像
  • Suzuki Kantaro.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 海軍の正装に勲一等旭日大綬章・功三級金鵄勲章を着用した鈴木
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
  • 第14代 枢密院副議長
  • 第20代 枢密院議長
  • 第22代 枢密院議長
  • 第42代 内閣総理大臣
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:退任日
  • --04-07
  • --04-09
  • --06-13
  • --08-10
  • --08-17
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 鈴木 貫太郎(すずき かんたろう、1868年1月18日(慶応3年12月24日) - 1948年(昭和23年)4月17日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将。位階は従一位。勲等は勲一等。功級は功三級。爵位は男爵。海軍士官として海軍次官、連合艦隊司令長官、海軍軍令部長(第8代)などの顕職を歴任した。予備役編入後に侍従長に就任、さらに枢密顧問官も兼任した。二・二六事件において襲撃されるが一命を取り留めた。枢密院副議長(第14代)、枢密院議長(第20・22代)を務めたあと、小磯國昭の後任として内閣総理大臣(第42代)に就任した。一時、外務大臣(第70代)、大東亜大臣(第3代)も兼任している。陸軍の反対を押し切って大東亜戦争を終戦に導いた。
rdfs:label
  • 鈴木貫太郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 鈴木 貫太郎
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:primeminister of
is prop-ja:負傷 of
is foaf:primaryTopic of