Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鈴木 清(すずき きよし、1907年4月29日 - 1993年2月18日)は、日本のプロレタリア作家。秋田県平鹿郡旭村(現・横手市)出身。山形高等学校中退。山形高校在学中に社会主義運動に入る。その後上京し、東京合同労組書記などを経て職工になる。1929年、四・一六事件に連座し逮捕される。ほどなくして創作活動に入り、『監房細胞』などの小説を著した。第二次世界大戦後は政治活動も行い、横手市議会議員を手始めに、秋田県議会議員としても活動した。ほかに全日農副会長などの要職を歴任した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 851462 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49957210 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鈴木 清(すずき きよし、1907年4月29日 - 1993年2月18日)は、日本のプロレタリア作家。秋田県平鹿郡旭村(現・横手市)出身。山形高等学校中退。山形高校在学中に社会主義運動に入る。その後上京し、東京合同労組書記などを経て職工になる。1929年、四・一六事件に連座し逮捕される。ほどなくして創作活動に入り、『監房細胞』などの小説を著した。第二次世界大戦後は政治活動も行い、横手市議会議員を手始めに、秋田県議会議員としても活動した。ほかに全日農副会長などの要職を歴任した。
rdfs:label
  • 鈴木清 (プロレタリア作家)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of