Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『釣りバカ日誌』(つりバカにっし)は、作・やまさき十三、画・北見けんいちの釣り漫画で、1979年から小学館『ビッグコミックオリジナル』で連載されている。また、映画化、アニメ化もされている。略称は「釣りバカ」。
dbpedia-owl:creator
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:musicComposer
dbpedia-owl:productionCompany
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 35237 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 37663 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 492 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59139679 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:_
  • 2015 (xsd:integer)
  • ホームドラマ
  • 漫画を原作とするテレビドラマ
  • 金曜8時のドラマ
prop-ja:redirect
  • 釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アニメーション制作
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:キャラクターデザイン
  • 直井正博
prop-ja:シリーズディレクター
prop-ja:シリーズ構成
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • 釣りバカ日誌
prop-ja:プロデューサー
  • 岡部紳二(CP)
  • 浅野太
  • 竹内絵唄
  • 齋藤寛之
prop-ja:レーベル
prop-ja:上映時間
  • 93 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • 釣りバカ日誌
prop-ja:作画
prop-ja:作者
prop-ja:備考
  • 監督
  • 脚本
  • 佐藤久美子
  • 児玉宜久
  • 山岡潤平
  • 朝原雄三
  • 石川勝己
prop-ja:備考1のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考2のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:公開
  • --12-24
prop-ja:出演者
prop-ja:出版社
prop-ja:制作局
prop-ja:前番組
prop-ja:原作
prop-ja:外部リンク
prop-ja:外部リンク名
  • 公式サイト
prop-ja:字幕
  • あり
prop-ja:巻数
  • 既刊94巻、番外編既刊12巻
  • (2016年2月現在)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:撮影
  • 安田浩助
prop-ja:放送分
  • 54 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送日
  • 1927-01-01 (xsd:date)
  • 2011-02-01 (xsd:date)
  • 2013-01-01 (xsd:date)
  • 2020-01-01 (xsd:date)
  • --10-23
  • --10-30
  • --11-06
  • --12-04
prop-ja:放送時間
  • 金曜 20:00 - 20:54
prop-ja:放送期間
  • --10-23
prop-ja:放送枠
prop-ja:放送終了
  • 2003 (xsd:integer)
prop-ja:放送開始
  • --01-01
prop-ja:概要
  • --10-26
  • 海岸で投げ釣りをする伝助と一之助。そこで一之助は、おまつりしてしまった女性と出会う、学生時代の初恋相手、洋子に似ていたその女性に、一之助は心を惹かれる。 数日後、一之助は釣具店で偶然女性と再会。宮本彩と名乗る女性を、一之助は釣りに誘う。更には伝助には、不幸事と嘘をつき釣りの約束をキャンセルする。 釣り当日、様子がおかしいと感じた鈴木の妻、久江が伝助に電話をしたことで嘘がバレた上に、場所を変えた釣り場で、一之助達は偶然伝助と遭遇してしまう。嘘で固めようとするが、伝助には見破られる。 一方、久江は伝助と会い、「女が出来たのではないか?」と心配し、探りを依頼する。かづさ屋でみち子と話し合った伝助。みち子が一計を案じ、一之助と彩の二人で釣り行くよう仕向け、偵察を試みる。その頃彩は、一之助が鈴木建設の社長であることに気付いてしまう。更には釣りの当日、偵察した料理店で伝助が失態を演じ、偵察がバレてしまう。 数日後、伝助と彩が一緒に写った写真が新聞に載り、彩が建設を争う商売敵、三和ベネックの設計チーフであるとわかる。鈴木建設では、伝助のスパイ疑惑を査問委員会に計ることに。そこで、一之助は覆面姿で登場。懲戒免職寸前で覆面を取り、伝助に自分の会社の社長であることをバラす。隠し事を嫌っていた伝助は、一之助を責める。一之助は謝罪し、ルアーで釣りつつ、和解。隠し事はしない事を約束した。
  • 佐々木は営業会議で成績不振を一之助に叱責される。その夜の飲み会で佐々木は愚痴りながら、家族に出ていかれていると言われる。 翌日の健康診断再検査で、伝助は勝手に診察室に入って盗み聞きをし、パソコンが寿命で半年持たない事を、佐々木が余命半年とカン違い。 伝助が急に真面目になり、不審を抱いた佐々木。伝助のパソコンをチェックすると、そこにあった検索サイトの質問箱に伝助が投稿した文章を見つけ、自分が余命半年であることを知ってしまう。佐々木が病院の診察室に行くと、これまたパソコンの状態が手遅れという会話を耳にし、本当に自分が手遅れであるとカン違いする。佐々木と伝助は「死ぬまでにしたい10のこと」を順に実行に移す。 釣りに宝くじ、高級レストラン。銀座のキャバクラで豪遊。なんとそこで伝助は、みち子と偶然会ってしまう。佐々木はトイレで、ホステスのサヤカが困った電話をしている事を目撃。サヤカは本名をかなこと良い、元の彼氏、吉野から付きまとわれ、「一緒に死のう」と言われいるのだ。そこに現れた佐々木は伝助とみち子をおとりして吉野を巻くが、何とその場に一之助が遭遇する。一之助は二人を助け、一之助は吉野に説教する。かづさ屋に戻った三人。伝助はそこで、佐々木の余命を打ち明ける。
  • 朝本から、伝助が鈴木建設の社員であると聞かされた一之助。佐々木を呼び伝助の仕事ぶりを聞くが、あまり成績は良くないと聞かされる。日曜日のかづさで伝助に「社長の顔を知りませんか?」と訊ねられても「知りません」と流される。 一方、鈴木建設では、複合施設の土地買収が難航している報告が上がり、営業三課が担当と知った一之助。直前に、伝助との電話でぞんざいに扱われた仕返しで、ここぞとばかりに佐々木へ叱責という形で行う。 叱責されて慌てる佐々木。三課の報告を聞き、伝助を連れて自ら交渉に当たるが、持ち主の熊吉は頑として譲らぬどころか、二人に家事を手伝わせる始末。そんな中、伝助は部屋にあった釣り道具を見つけて熊吉と意気投合。 夜、旧友の片山、村井と会食した一之助。伝助との釣りの話をするものの、二人から「対等に付き合うといつか破綻する」「やめた方がいい」と忠告されてしまう。その夜、伝助からの電話に「釣りをやめようと思う」と打ち明ける一之助。伝助から「見損なった」と言われ喧嘩してしまう。 阿久津と渓流釣りに行く伝助。不幸事で同行できなかった平太は、車の免許を持つみち子を同行させる。 阿久津との契約の段になり、阿久津は、佐々木を退け、親身になって付き合ってくれた伝助との契約を望むが、伝助は「本当の気持ちを言って欲しい」と、契約書を取り上げる。そこに息子、彰二が駆けつけ、大阪で一緒に暮らすことを提案。実は熊吉の望みは、一人息子熊吉と一緒に暮らすことだった。
  • 平太の遣いで遅刻した伝助。佐々木との待ち合わせで得意先のクラタ化学に行く途中、ハイヒールが折れた女性と出会う。たまたま行先が一緒だった伝助。女性を背負いクラタ化学へ。女性は社長令嬢の詩織であった。 佐々木はクラタ化学の社長、倉田慎太郎から呼び出され、伝助の事を訊ねられる。その場で、詩織が伝助に恋をしているようだと打ち明けられる。佐々木は伝助に、詩織をデートに誘うように指示する。かづさ屋でその話をした伝助。みち子は嫉妬する。伝助は一之助との釣りを断るが、結局当日、一之助は結局釣りに付いていくことに。釣りの後、伝助と詩織はかづさ屋に向かい魚料理を食す。みち子は変わらず嫉妬したまま。 慎太郎は鈴木建設に来社し、伝助に挨拶をする。そこで。慎太郎は伝助のクラタ化学への移籍を提案する。会議でその事を知った一之助は伝助の移籍に迷う。 佐々木は伝助にクラタ化学への移籍を勧める。社長命令だと嘘をつかれた伝助。移籍してやると宣言してしまう。一之助は伝助を社長室に呼び出し、理由を訪ねる。社長命令だと思い込んでいる伝助。社長室でも悪態をつく。 一之助は詩織をつけて喫茶店へ。そこには、詩織の恋人、前田が居た。詩織が結婚して、九州へ転勤となる前田に付いていくと、慎太郎が一人になる。その事を詩織は心配していたのだ。 一之助、伝助、佐々木はクラタ化学で慎太郎と話をする。慎太郎は、伝助と詩織の結婚を提案するが、一之助は前田を呼び出し、前田は結婚を慎太郎に懇願する。詩織も入り、結婚を懇願。一之助がとりもち、慎太郎は結婚を認める。
prop-ja:次作
prop-ja:次番組
prop-ja:特記事項
  • 最終回は「2時間スペシャル」で69分拡大(20:00 - 22:03)。
  • 第7話は通常時同時ネット局である独立局奈良テレビに限り、臨時に1時間遅れで放送。
prop-ja:番組名
  • --11-02
  • 1200.0
  • 【当番組よりアニメ枠】
  • 〜新入社員 浜崎伝助〜
  • 釣りバカ日誌
  • 釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜
  • (2015.10.23 - 2015.12.11)
prop-ja:監督
prop-ja:編集
  • 鶴田益一
prop-ja:脚本
prop-ja:興行収入
  • 12.500000 (xsd:double)
prop-ja:製作
prop-ja:言語
prop-ja:話数
  • 最終話
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 話数
  • 全36話
prop-ja:配給
prop-ja:開始日
  • 1979 (xsd:integer)
prop-ja:音声
  • ステレオ放送
prop-ja:音楽
prop-ja:題名
  • エピソードタイトル
  • ハマちゃんが結婚!?社長令嬢が一目ボレ…婿入り&電撃移籍!?
  • スーさん最大の危機!!“白鳥の湖”4回転Jが倒産のピンチ救う?“合体”あるのか!?
  • 秘密の関係バレた!?ハマ&スー大ピンチ!!みち子と爆笑デート
  • 離婚危機の母上京!!ハマちゃん&みち子が急接近!?爆笑親孝行
  • スーさん秘密の恋…社長だとバレた!?ハマちゃんクビになる日
  • サヨナラみち子さん秋田から頑固オヤジが緊急上京!!ハマちゃん釣り勝負で愛を告白!?
  • ハマちゃんスーさん国民的爆笑名コンビが連ドラで待望の復活!!上下逆転…新入社員が師匠?社長が弟子!?
  • 余命半年カン違い!?ハマちゃん佐々木課長“10の思い出”作り
  • 偏屈ジジィとイワナ釣り勝負!! ハマ&スー早すぎる絶交宣言!?
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『釣りバカ日誌』(つりバカにっし)は、作・やまさき十三、画・北見けんいちの釣り漫画で、1979年から小学館『ビッグコミックオリジナル』で連載されている。また、映画化、アニメ化もされている。略称は「釣りバカ」。
rdfs:label
  • 釣りバカ日誌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 釣りバカ日誌
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主な作品 of
is prop-ja:前作 of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of