釣り(つり、英: anglingあるいはpole fishing)とは、釣り針、釣り糸などの道具で「さかな」(主に魚類などの魚介類)を「釣る」ようにして採捕する行為、方法のことである。(魚に限定した場合は)魚釣り(さかなつり、うおつり)とも。 現代では道具としては釣り針、釣り糸、釣り竿などを使い、釣り針に餌や疑似餌をつけて行うことが一般的である。だが素朴な形では、釣り針をつけた糸だけを直接手に持つ、という方法も行われたわけで、世界を見渡すと現代でもそうした方法で釣りを行っている人々がいる。 釣る対象 釣りの主な対象は、海・川・湖沼・池などの水圏に生息する魚類である。「釣り」というのは、釣りは漁の一種であり、銛で突く方法や、魚網で捕える方法と対比的に用いられる語である。「釣り」という名前の由来は対象を糸で釣るから「釣り」と呼ばれる。魚網を使う漁は「釣り」とは呼ばれない。釣り上げる対象を魚類に限定するときは特に「魚釣り」と呼ばれる(ザリガニやタコを釣ることは「ザリガニ釣り」「タコ釣り」などと呼ぶが「魚釣り」とは呼ばない)。 なお、陸上の動物まで視野を広げて「動物を捕える手法」全体を考察する場合、移動性の高い動物をおびき出したり、待ち伏せしたりして捕まえる「罠の一種を用いた方法」とも言える。 分類・種類 釣りをおこなう場所によって海釣りと川釣りに大別される。→

Property Value
dbo:abstract
  • 釣り(つり、英: anglingあるいはpole fishing)とは、釣り針、釣り糸などの道具で「さかな」(主に魚類などの魚介類)を「釣る」ようにして採捕する行為、方法のことである。(魚に限定した場合は)魚釣り(さかなつり、うおつり)とも。 現代では道具としては釣り針、釣り糸、釣り竿などを使い、釣り針に餌や疑似餌をつけて行うことが一般的である。だが素朴な形では、釣り針をつけた糸だけを直接手に持つ、という方法も行われたわけで、世界を見渡すと現代でもそうした方法で釣りを行っている人々がいる。 釣る対象 釣りの主な対象は、海・川・湖沼・池などの水圏に生息する魚類である。「釣り」というのは、釣りは漁の一種であり、銛で突く方法や、魚網で捕える方法と対比的に用いられる語である。「釣り」という名前の由来は対象を糸で釣るから「釣り」と呼ばれる。魚網を使う漁は「釣り」とは呼ばれない。釣り上げる対象を魚類に限定するときは特に「魚釣り」と呼ばれる(ザリガニやタコを釣ることは「ザリガニ釣り」「タコ釣り」などと呼ぶが「魚釣り」とは呼ばない)。 なお、陸上の動物まで視野を広げて「動物を捕える手法」全体を考察する場合、移動性の高い動物をおびき出したり、待ち伏せしたりして捕まえる「罠の一種を用いた方法」とも言える。 分類・種類 釣りをおこなう場所によって海釣りと川釣りに大別される。→ 釣りの位置づけの変化。古代では主に食糧採取のため、現代では遊びが主流。 古代では釣りは主に食糧採取のために行われていたが、現代では遊びのために行う釣りが主流となったので、主に解説すべきこととなった(理由は後述)。 英語のFishingは魚介類をとること全般を指しうるが、その中で生業としての漁、産業・商業としてのFishing、つまり漁業従事者(いわゆる漁師)によるFishingをコマーシャルフィッシング (Commercial fishing) という。また漁業は英語圏では Fishery と総称される。それとは対照的に、漁師以外の一般人によって行われる漁は、一般に財を得ることを目的とするものではなく、娯楽、趣味、あるいはスポーツとして理解されている。こういった娯楽性の釣りを遊漁といい、英語圏ではRecreational fishing(リクリエーショナルフィッシング)やSport fishing (スポーツフィッシング) と呼ばれている。現代では、釣りは狭義には趣味的な釣りだけを指すようになっており、広義の「釣り」には商業的なそれと趣味的なそれの両方が含まれている。 現代では、遊びで釣りを行う人々の人口が、日本だけでも「2000万人」と言われており、生業で釣りを行う人々の人口をはるかに上回っている(後述)。釣りは、リクリエーショナルフィッシング(趣味としてのフィッシング)の主要な活動であり、外すことのできない大きな存在である。逆に漁業の中では(魚網を使った漁がメインであり)「釣り」は比較的小さな存在、マイナーな存在でしかない。そういう状況であるので、『日本大百科全書』では、主に「趣味の釣り」について解説している。ウィキペディアも百科事典であるから、同様に、主に趣味としての釣りについて解説し、生業として行う釣りについては、記事の末尾で触れる。、 (ja)
  • 釣り(つり、英: anglingあるいはpole fishing)とは、釣り針、釣り糸などの道具で「さかな」(主に魚類などの魚介類)を「釣る」ようにして採捕する行為、方法のことである。(魚に限定した場合は)魚釣り(さかなつり、うおつり)とも。 現代では道具としては釣り針、釣り糸、釣り竿などを使い、釣り針に餌や疑似餌をつけて行うことが一般的である。だが素朴な形では、釣り針をつけた糸だけを直接手に持つ、という方法も行われたわけで、世界を見渡すと現代でもそうした方法で釣りを行っている人々がいる。 釣る対象 釣りの主な対象は、海・川・湖沼・池などの水圏に生息する魚類である。「釣り」というのは、釣りは漁の一種であり、銛で突く方法や、魚網で捕える方法と対比的に用いられる語である。「釣り」という名前の由来は対象を糸で釣るから「釣り」と呼ばれる。魚網を使う漁は「釣り」とは呼ばれない。釣り上げる対象を魚類に限定するときは特に「魚釣り」と呼ばれる(ザリガニやタコを釣ることは「ザリガニ釣り」「タコ釣り」などと呼ぶが「魚釣り」とは呼ばない)。 なお、陸上の動物まで視野を広げて「動物を捕える手法」全体を考察する場合、移動性の高い動物をおびき出したり、待ち伏せしたりして捕まえる「罠の一種を用いた方法」とも言える。 分類・種類 釣りをおこなう場所によって海釣りと川釣りに大別される。→ 釣りの位置づけの変化。古代では主に食糧採取のため、現代では遊びが主流。 古代では釣りは主に食糧採取のために行われていたが、現代では遊びのために行う釣りが主流となったので、主に解説すべきこととなった(理由は後述)。 英語のFishingは魚介類をとること全般を指しうるが、その中で生業としての漁、産業・商業としてのFishing、つまり漁業従事者(いわゆる漁師)によるFishingをコマーシャルフィッシング (Commercial fishing) という。また漁業は英語圏では Fishery と総称される。それとは対照的に、漁師以外の一般人によって行われる漁は、一般に財を得ることを目的とするものではなく、娯楽、趣味、あるいはスポーツとして理解されている。こういった娯楽性の釣りを遊漁といい、英語圏ではRecreational fishing(リクリエーショナルフィッシング)やSport fishing (スポーツフィッシング) と呼ばれている。現代では、釣りは狭義には趣味的な釣りだけを指すようになっており、広義の「釣り」には商業的なそれと趣味的なそれの両方が含まれている。 現代では、遊びで釣りを行う人々の人口が、日本だけでも「2000万人」と言われており、生業で釣りを行う人々の人口をはるかに上回っている(後述)。釣りは、リクリエーショナルフィッシング(趣味としてのフィッシング)の主要な活動であり、外すことのできない大きな存在である。逆に漁業の中では(魚網を使った漁がメインであり)「釣り」は比較的小さな存在、マイナーな存在でしかない。そういう状況であるので、『日本大百科全書』では、主に「趣味の釣り」について解説している。ウィキペディアも百科事典であるから、同様に、主に趣味としての釣りについて解説し、生業として行う釣りについては、記事の末尾で触れる。、 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 253761 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14690 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81463095 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2019 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2020 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • 釣り(つり、英: anglingあるいはpole fishing)とは、釣り針、釣り糸などの道具で「さかな」(主に魚類などの魚介類)を「釣る」ようにして採捕する行為、方法のことである。(魚に限定した場合は)魚釣り(さかなつり、うおつり)とも。 現代では道具としては釣り針、釣り糸、釣り竿などを使い、釣り針に餌や疑似餌をつけて行うことが一般的である。だが素朴な形では、釣り針をつけた糸だけを直接手に持つ、という方法も行われたわけで、世界を見渡すと現代でもそうした方法で釣りを行っている人々がいる。 釣る対象 釣りの主な対象は、海・川・湖沼・池などの水圏に生息する魚類である。「釣り」というのは、釣りは漁の一種であり、銛で突く方法や、魚網で捕える方法と対比的に用いられる語である。「釣り」という名前の由来は対象を糸で釣るから「釣り」と呼ばれる。魚網を使う漁は「釣り」とは呼ばれない。釣り上げる対象を魚類に限定するときは特に「魚釣り」と呼ばれる(ザリガニやタコを釣ることは「ザリガニ釣り」「タコ釣り」などと呼ぶが「魚釣り」とは呼ばない)。 なお、陸上の動物まで視野を広げて「動物を捕える手法」全体を考察する場合、移動性の高い動物をおびき出したり、待ち伏せしたりして捕まえる「罠の一種を用いた方法」とも言える。 分類・種類 釣りをおこなう場所によって海釣りと川釣りに大別される。→ (ja)
  • 釣り(つり、英: anglingあるいはpole fishing)とは、釣り針、釣り糸などの道具で「さかな」(主に魚類などの魚介類)を「釣る」ようにして採捕する行為、方法のことである。(魚に限定した場合は)魚釣り(さかなつり、うおつり)とも。 現代では道具としては釣り針、釣り糸、釣り竿などを使い、釣り針に餌や疑似餌をつけて行うことが一般的である。だが素朴な形では、釣り針をつけた糸だけを直接手に持つ、という方法も行われたわけで、世界を見渡すと現代でもそうした方法で釣りを行っている人々がいる。 釣る対象 釣りの主な対象は、海・川・湖沼・池などの水圏に生息する魚類である。「釣り」というのは、釣りは漁の一種であり、銛で突く方法や、魚網で捕える方法と対比的に用いられる語である。「釣り」という名前の由来は対象を糸で釣るから「釣り」と呼ばれる。魚網を使う漁は「釣り」とは呼ばれない。釣り上げる対象を魚類に限定するときは特に「魚釣り」と呼ばれる(ザリガニやタコを釣ることは「ザリガニ釣り」「タコ釣り」などと呼ぶが「魚釣り」とは呼ばない)。 なお、陸上の動物まで視野を広げて「動物を捕える手法」全体を考察する場合、移動性の高い動物をおびき出したり、待ち伏せしたりして捕まえる「罠の一種を用いた方法」とも言える。 分類・種類 釣りをおこなう場所によって海釣りと川釣りに大別される。→ (ja)
rdfs:label
  • 釣り (ja)
  • 釣り (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:genre of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:他の活動 of
is prop-ja:分類 of
is prop-ja:得意ジャンル of
is prop-ja:特技 of
is prop-ja:職業 of
is prop-ja:趣味 of
is foaf:primaryTopic of