Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 金鵄(きんし)は、『日本書紀』に登場する金色の鵄。『日本書紀』の記述では、初代天皇となる神武天皇が長髄彦と戦っている際に、金色の霊鵄が天皇の弓に止まると、その体から発する光で長髄彦の軍兵たちの目がくらみ、天皇軍が勝利することができたとされる。この霊鵄を指して「金鵄」と呼ぶ。神武東征の際、熊野から大和へ天皇の軍を道案内した八咫烏と混同、あるいは同視されることが多い。なお、大錦旛のうち霊鵄形大錦旛には金鵄が刺繍されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2115304 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 743 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55129378 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 金鵄(きんし)は、『日本書紀』に登場する金色の鵄。『日本書紀』の記述では、初代天皇となる神武天皇が長髄彦と戦っている際に、金色の霊鵄が天皇の弓に止まると、その体から発する光で長髄彦の軍兵たちの目がくらみ、天皇軍が勝利することができたとされる。この霊鵄を指して「金鵄」と呼ぶ。神武東征の際、熊野から大和へ天皇の軍を道案内した八咫烏と混同、あるいは同視されることが多い。なお、大錦旛のうち霊鵄形大錦旛には金鵄が刺繍されている。
rdfs:label
  • 金鵄
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of