金熊賞(きんくましょう、ドイツ語: Goldener Bär)は、ベルリン国際映画祭のコンペティション部門における最優秀作品賞である。1951年から授与されており、複数回受賞した監督はアン・リーのみ。リーは、1993年の『ウェディング・バンケット』と、1996年の『いつか晴れた日に』で受賞した。

Property Value
dbo:abstract
  • 金熊賞(きんくましょう、ドイツ語: Goldener Bär)は、ベルリン国際映画祭のコンペティション部門における最優秀作品賞である。1951年から授与されており、複数回受賞した監督はアン・リーのみ。リーは、1993年の『ウェディング・バンケット』と、1996年の『いつか晴れた日に』で受賞した。 (ja)
  • 金熊賞(きんくましょう、ドイツ語: Goldener Bär)は、ベルリン国際映画祭のコンペティション部門における最優秀作品賞である。1951年から授与されており、複数回受賞した監督はアン・リーのみ。リーは、1993年の『ウェディング・バンケット』と、1996年の『いつか晴れた日に』で受賞した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1113977 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9775 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78868528 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 金熊賞(きんくましょう、ドイツ語: Goldener Bär)は、ベルリン国際映画祭のコンペティション部門における最優秀作品賞である。1951年から授与されており、複数回受賞した監督はアン・リーのみ。リーは、1993年の『ウェディング・バンケット』と、1996年の『いつか晴れた日に』で受賞した。 (ja)
  • 金熊賞(きんくましょう、ドイツ語: Goldener Bär)は、ベルリン国際映画祭のコンペティション部門における最優秀作品賞である。1951年から授与されており、複数回受賞した監督はアン・リーのみ。リーは、1993年の『ウェディング・バンケット』と、1996年の『いつか晴れた日に』で受賞した。 (ja)
rdfs:label
  • 金熊賞 (ja)
  • 金熊賞 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:awards of
is foaf:primaryTopic of