Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 金森 可英(かなもり ありてる、享保元年(1716年) - 安永3年3月5日(1774年4月15日))は、江戸時代の旗本。金森左京家第4代。左京家の祖は、飛騨高山藩第2代藩主・金森可重の五男金森重勝。左京亮。権九郎。金森可沢の次男で、金森近供の養子となり左京家を継ぐ。郡上一揆により、本家の美濃郡上藩主・金森頼錦が改易となったが、宝暦8年(1758年)12月に郡上藩内より、知行3,000石のまま越前国南条郡、今立郡(南条郡白崎、清水、牧谷の3村、今立郡上大坪、萱谷、大手、西尾(幕府領と割郷)4村)に領地を移され、白崎(越前市)に陣屋を設置。江戸屋敷を三田魚籃下に拝領。金森の名跡は左京家が継承し、旗本・交代寄合表御礼衆として幕末まで存続し現在に至る。子女に長男可威(病弱で嗣子とならず)、土方行忠室、次男近忠(左京家を継ぐ)、三男重敬、四男滝川一通(滝川一名養子)ほかに女子1名、養女に関政富の娘(のちに父の元に帰る)、金森頼錦の娘(井上正相室)。末裔の金森譲は、高山市と武生市(現越前市)の友好都市締結に尽力し、昭和57年(1982年)10月22日に実を結んだ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1116484 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58110803 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --10-04
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1774年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 金森 可英(かなもり ありてる、享保元年(1716年) - 安永3年3月5日(1774年4月15日))は、江戸時代の旗本。金森左京家第4代。左京家の祖は、飛騨高山藩第2代藩主・金森可重の五男金森重勝。左京亮。権九郎。金森可沢の次男で、金森近供の養子となり左京家を継ぐ。郡上一揆により、本家の美濃郡上藩主・金森頼錦が改易となったが、宝暦8年(1758年)12月に郡上藩内より、知行3,000石のまま越前国南条郡、今立郡(南条郡白崎、清水、牧谷の3村、今立郡上大坪、萱谷、大手、西尾(幕府領と割郷)4村)に領地を移され、白崎(越前市)に陣屋を設置。江戸屋敷を三田魚籃下に拝領。金森の名跡は左京家が継承し、旗本・交代寄合表御礼衆として幕末まで存続し現在に至る。子女に長男可威(病弱で嗣子とならず)、土方行忠室、次男近忠(左京家を継ぐ)、三男重敬、四男滝川一通(滝川一名養子)ほかに女子1名、養女に関政富の娘(のちに父の元に帰る)、金森頼錦の娘(井上正相室)。末裔の金森譲は、高山市と武生市(現越前市)の友好都市締結に尽力し、昭和57年(1982年)10月22日に実を結んだ。
rdfs:label
  • 金森可英
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of