金星(きんせい、ラテン語: Venus 、英語: Venus )は、太陽系で太陽に近い方から2番目の惑星。また、地球にもっとも近い公転軌道を持つ惑星である。 地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度がもっとも地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月に次いで明るく見える星であることから、明け方に見えるものを「明けの明星」、夕方に見えるものを「宵の明星」という。

Property Value
dbo:abstract
  • 金星(きんせい、ラテン語: Venus 、英語: Venus )は、太陽系で太陽に近い方から2番目の惑星。また、地球にもっとも近い公転軌道を持つ惑星である。 地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度がもっとも地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月に次いで明るく見える星であることから、明け方に見えるものを「明けの明星」、夕方に見えるものを「宵の明星」という。 (ja)
  • 金星(きんせい、ラテン語: Venus 、英語: Venus )は、太陽系で太陽に近い方から2番目の惑星。また、地球にもっとも近い公転軌道を持つ惑星である。 地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度がもっとも地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月に次いで明るく見える星であることから、明け方に見えるものを「明けの明星」、夕方に見えるものを「宵の明星」という。 (ja)
dbo:colour
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1636178 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 26247 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81295910 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:commons
  • Venus (ja)
  • Venus (ja)
prop-ja:commonscat
  • Venus_ (ja)
  • Venus_ (ja)
prop-ja:d
  • Q313 (ja)
  • Q313 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルベド
  • 0.650000 (xsd:double)
prop-ja:主恒星
prop-ja:仮符号・別名
  • 明星 (ja)
  • 太白 (ja)
  • 明けの明星・宵の明星 (ja)
  • 明星 (ja)
  • 太白 (ja)
  • 明けの明星・宵の明星 (ja)
prop-ja:会合周期
  • 583.920000 (xsd:double)
prop-ja:元期
  • --01-01
prop-ja:公転周期
  • 224.701000 (xsd:double)
  • (0.615207 年) (ja)
prop-ja:分類
prop-ja:和名
  • 金星25px (ja)
  • 金星25px (ja)
prop-ja:大気圧
  • 9321.9
prop-ja:平均公転半径
  • 1.0820893E8
prop-ja:平均密度
  • 5.2
prop-ja:平均表面温度
  • 737.0
prop-ja:平均距離
  • 0.723332 (xsd:double)
prop-ja:平均距離対象
prop-ja:平均軌道速度
  • 35.0214
prop-ja:平均近点角
  • 182.715800 (xsd:double)
prop-ja:昇交点黄経
  • 76.752000 (xsd:double)
prop-ja:最大表面温度
  • 773.0
prop-ja:最小表面温度
  • 228.0
prop-ja:画像サイズ
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Galileo Venus global view.jpg (ja)
  • Galileo Venus global view.jpg (ja)
prop-ja:画像背景色
  • #000000 (ja)
  • #000000 (ja)
prop-ja:画像説明
  • 探査機「ガリレオ」による撮影(1990年2月) (ja)
  • 探査機「ガリレオ」による撮影(1990年2月) (ja)
prop-ja:発見方法
  • 目視 (ja)
  • 目視 (ja)
prop-ja:相対対象
  • 地球 (ja)
  • 地球 (ja)
prop-ja:相対質量
  • 0.815000 (xsd:double)
prop-ja:脱出速度
  • 10.36
prop-ja:自転周期
  • 116.750600 (xsd:double)
  • 243.018700 (xsd:double)
  • (逆行) (ja)
  • (対太陽) (ja)
prop-ja:
  • 地球型惑星 (ja)
  • 地球型惑星 (ja)
prop-ja:英名
  • Venus (ja)
  • Venus (ja)
prop-ja:衛星数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:表面積
  • 4.6
prop-ja:表面重力
  • 8.870000 (xsd:double)
prop-ja:質量
  • 4.869
prop-ja:赤道傾斜角
  • 177.360000 (xsd:double)
prop-ja:赤道直径
  • 12103.6
prop-ja:軌道の種類
prop-ja:軌道傾斜角
  • 3.394710 (xsd:double)
prop-ja:近日点引数
  • 131.675800 (xsd:double)
prop-ja:近日点距離
  • 0.718000 (xsd:double)
prop-ja:遠日点距離
  • 0.728000 (xsd:double)
prop-ja:離心率
  • 0.006773 (xsd:double)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 金星(きんせい、ラテン語: Venus 、英語: Venus )は、太陽系で太陽に近い方から2番目の惑星。また、地球にもっとも近い公転軌道を持つ惑星である。 地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度がもっとも地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月に次いで明るく見える星であることから、明け方に見えるものを「明けの明星」、夕方に見えるものを「宵の明星」という。 (ja)
  • 金星(きんせい、ラテン語: Venus 、英語: Venus )は、太陽系で太陽に近い方から2番目の惑星。また、地球にもっとも近い公転軌道を持つ惑星である。 地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度がもっとも地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月に次いで明るく見える星であることから、明け方に見えるものを「明けの明星」、夕方に見えるものを「宵の明星」という。 (ja)
rdfs:label
  • 金星 (ja)
  • 金星 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:eponym of
is prop-ja:flybyOf of
is prop-ja:function of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:missionType of
is prop-ja:orbit of
is prop-ja:satelliteOf of
is prop-ja:別名 of
is prop-ja:所在地 of
is prop-ja:目的 of
is prop-ja:観測対象 of
is prop-ja:軌道の種類 of
is foaf:primaryTopic of