Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 金属粉末射出成型法(きんぞくふんまつしゃしゅつせいけいほう、Metal Injection Molding)は、金属部品製造法の一つであり、粉末冶金(プレス成型)を発展させて1970年代に米国のR.Eウィッチジュニァにより開発された。従来の金属粉末冶金法とプラスチック射出成型法を組み合わせたものである。さらにもう少し射出成形に近づいた成形法が、チクソモールディング法であるが、現状では、どちらも一長一短がある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 659839 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51375740 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 金属粉末射出成型法(きんぞくふんまつしゃしゅつせいけいほう、Metal Injection Molding)は、金属部品製造法の一つであり、粉末冶金(プレス成型)を発展させて1970年代に米国のR.Eウィッチジュニァにより開発された。従来の金属粉末冶金法とプラスチック射出成型法を組み合わせたものである。さらにもう少し射出成形に近づいた成形法が、チクソモールディング法であるが、現状では、どちらも一長一短がある。
rdfs:label
  • 金属粉末射出成型法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of