Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 金丸 定光 (かねまる さだみつ、? - 天正10年(1582年))は戦国時代の武田氏の家臣。金丸虎義の4男で、兄に金丸昌直、土屋昌次、秋山昌詮、弟に土屋昌恒、金丸正直、秋山親久がいる。武田信玄、武田勝頼に侍大将として仕えた。長兄の昌直が殺害され、次兄が土屋家に、三兄が秋山家に養子となっていたため、虎義の跡を継いだ。弟の土屋昌恒と共に最後まで武田勝頼に付き従い、弟に先んじて1582年天目山で戦死する。子に土屋左馬助昌春があり、家康次男の結城秀康に仕え、越前大野城代として3万5千石を領する。土屋昌春は1607年に秀康に殉じたため、その子、土屋主殿忠次は5000石加増される。
dbpedia-owl:alias
  • 助六郎、昌義、道助(法名)
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2878385 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 946 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58569277 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 助六郎、昌義、道助(法名)
prop-ja:
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • 天正10年
prop-ja:氏名
  • 金丸定光
prop-ja:氏族
  • 金丸氏
prop-ja:父母
  • 父:金丸筑前守(虎義)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 金丸 定光 (かねまる さだみつ、? - 天正10年(1582年))は戦国時代の武田氏の家臣。金丸虎義の4男で、兄に金丸昌直、土屋昌次、秋山昌詮、弟に土屋昌恒、金丸正直、秋山親久がいる。武田信玄、武田勝頼に侍大将として仕えた。長兄の昌直が殺害され、次兄が土屋家に、三兄が秋山家に養子となっていたため、虎義の跡を継いだ。弟の土屋昌恒と共に最後まで武田勝頼に付き従い、弟に先んじて1582年天目山で戦死する。子に土屋左馬助昌春があり、家康次男の結城秀康に仕え、越前大野城代として3万5千石を領する。土屋昌春は1607年に秀康に殉じたため、その子、土屋主殿忠次は5000石加増される。
rdfs:label
  • 金丸定光
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 金丸定光
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of