Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 野球拳(やきゅうけん)とは、歌い踊りながらじゃんけんをする宴会芸である。起源は幕末時代の横浜。当時一番の流行の発信地だった横浜の遊郭で流行り、当時「横浜拳」「横浜南京拳」と呼ばれていた。芸者が清国人や商人と遊んだり、具体的な歌と振りの描かれた錦絵などが残っている。横浜拳が愛媛県松山の遊郭に伝わり、松山で郷土芸能とされた。本来は三味線と太鼓を伴奏に合わせて歌い踊り、じゃんけんで勝敗を決する遊戯であるが、テレビのバラエティ番組の影響で、じゃんけんで負けた相手の服を脱がせるゲームとして広く知られており、お色気ゲームとしての認識がより一般的である(後述参照)。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 255200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3485 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58933118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 野球拳(やきゅうけん)とは、歌い踊りながらじゃんけんをする宴会芸である。起源は幕末時代の横浜。当時一番の流行の発信地だった横浜の遊郭で流行り、当時「横浜拳」「横浜南京拳」と呼ばれていた。芸者が清国人や商人と遊んだり、具体的な歌と振りの描かれた錦絵などが残っている。横浜拳が愛媛県松山の遊郭に伝わり、松山で郷土芸能とされた。本来は三味線と太鼓を伴奏に合わせて歌い踊り、じゃんけんで勝敗を決する遊戯であるが、テレビのバラエティ番組の影響で、じゃんけんで負けた相手の服を脱がせるゲームとして広く知られており、お色気ゲームとしての認識がより一般的である(後述参照)。
rdfs:label
  • 野球拳
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of