野村 克也(のむら かつや、1935年〈昭和10年〉6月29日 ‐ 2020年〈令和2年〉2月11日)は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、野球解説者・野球評論家。愛称は「ノムさん」「ムース」「ノムカツ」。血液型はB型。 選手としては、史上2人目の三冠王達成(世界のプロ野球史上初の捕手による三冠王)、選手出場試合数歴代2位、監督出場試合数歴代3位、通算本塁打数歴代2位、通算安打数歴代2位、通算打点数歴代2位、通算塁打数歴代2位、通算打席数1位(11970打席)、通算打数1位(10472打数)、通算犠飛数歴代1位(113犠飛)、通算併殺打1位(378打)、ベストナイン19回受賞で1位などの記録を持つ。 また、監督としても「平成」(1989年1月8日 - 2019年4月30日)期間の最多勝利記録(1,053勝)を保持する。監督として1563敗は歴代1位。プロ野球では南海、ヤクルト、阪神、楽天の監督を歴任したほか、日本体育大学客員教授なども務めた。晩年の所属事務所はエフエンタープライズで、継子の団野村が運営するKDNスポーツジャパンがマネジメント代行を行っていた。元東北楽天ゴールデンイーグルス名誉監督(2012年まで)。

Property Value
dbo:abstract
  • 野村 克也(のむら かつや、1935年〈昭和10年〉6月29日 ‐ 2020年〈令和2年〉2月11日)は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、野球解説者・野球評論家。愛称は「ノムさん」「ムース」「ノムカツ」。血液型はB型。 選手としては、史上2人目の三冠王達成(世界のプロ野球史上初の捕手による三冠王)、選手出場試合数歴代2位、監督出場試合数歴代3位、通算本塁打数歴代2位、通算安打数歴代2位、通算打点数歴代2位、通算塁打数歴代2位、通算打席数1位(11970打席)、通算打数1位(10472打数)、通算犠飛数歴代1位(113犠飛)、通算併殺打1位(378打)、ベストナイン19回受賞で1位などの記録を持つ。 また、監督としても「平成」(1989年1月8日 - 2019年4月30日)期間の最多勝利記録(1,053勝)を保持する。監督として1563敗は歴代1位。プロ野球では南海、ヤクルト、阪神、楽天の監督を歴任したほか、日本体育大学客員教授なども務めた。晩年の所属事務所はエフエンタープライズで、継子の団野村が運営するKDNスポーツジャパンがマネジメント代行を行っていた。元東北楽天ゴールデンイーグルス名誉監督(2012年まで)。 (ja)
  • 野村 克也(のむら かつや、1935年〈昭和10年〉6月29日 ‐ 2020年〈令和2年〉2月11日)は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、野球解説者・野球評論家。愛称は「ノムさん」「ムース」「ノムカツ」。血液型はB型。 選手としては、史上2人目の三冠王達成(世界のプロ野球史上初の捕手による三冠王)、選手出場試合数歴代2位、監督出場試合数歴代3位、通算本塁打数歴代2位、通算安打数歴代2位、通算打点数歴代2位、通算塁打数歴代2位、通算打席数1位(11970打席)、通算打数1位(10472打数)、通算犠飛数歴代1位(113犠飛)、通算併殺打1位(378打)、ベストナイン19回受賞で1位などの記録を持つ。 また、監督としても「平成」(1989年1月8日 - 2019年4月30日)期間の最多勝利記録(1,053勝)を保持する。監督として1563敗は歴代1位。プロ野球では南海、ヤクルト、阪神、楽天の監督を歴任したほか、日本体育大学客員教授なども務めた。晩年の所属事務所はエフエンタープライズで、継子の団野村が運営するKDNスポーツジャパンがマネジメント代行を行っていた。元東北楽天ゴールデンイーグルス名誉監督(2012年まで)。 (ja)
dbo:battingSide
dbo:birthPlace
dbo:commonName
  • 野村 克也 (ja)
  • 野村 克也 (ja)
dbo:deathDate
  • 2020-02-11 (xsd:date)
dbo:position
dbo:team
dbo:throwingSide
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 42885 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 101672 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81605774 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 業績 (ja)
  • 監督歴 (ja)
  • 放送番組の類は、基本的にリアルタイム外での検証が困難であるため。 (ja)
  • 業績 (ja)
  • 監督歴 (ja)
  • 放送番組の類は、基本的にリアルタイム外での検証が困難であるため。 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:プロ入り年度
  • 1954 (xsd:integer)
prop-ja:体重
  • 85 (xsd:integer)
prop-ja:写真のコメント
  • 南海選手時代(1959年1月) (ja)
  • 南海選手時代(1959年1月) (ja)
prop-ja:写真サイズ
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • 京都府竹野郡網野町(現:京丹後市) (ja)
  • 京都府竹野郡網野町(現:京丹後市) (ja)
prop-ja:初出場
  • --06-17
prop-ja:利き腕
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:守備位置
prop-ja:打席
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:最終出場
  • --10-04
prop-ja:没年月日
  • 2020-02-11 (xsd:date)
prop-ja:経歴
  • *京都府立峰山高等学校 *南海ホークス *ロッテオリオンズ *西武ライオンズ (ja)
  • *京都府立峰山高等学校 *南海ホークス *ロッテオリオンズ *西武ライオンズ (ja)
prop-ja:経歴補足
  • *南海ホークス *ヤクルトスワローズ *阪神タイガース *シダックス *東北楽天ゴールデンイーグルス (ja)
  • *南海ホークス *ヤクルトスワローズ *阪神タイガース *シダックス *東北楽天ゴールデンイーグルス (ja)
prop-ja:経歴補足題
  • 監督・コーチ歴 (ja)
  • 監督・コーチ歴 (ja)
prop-ja:身長
  • 175 (xsd:integer)
prop-ja:選出国
  • 日本 (ja)
  • 日本 (ja)
prop-ja:選出年
  • 1989 (xsd:integer)
prop-ja:選出方法
  • 競技者表彰 (ja)
  • 競技者表彰 (ja)
prop-ja:選手写真ファイル名
  • Katsuya Nomura 1959 Scan10016 160913.jpg (ja)
  • Katsuya Nomura 1959 Scan10016 160913.jpg (ja)
prop-ja:選手名
  • 野村 克也 (ja)
  • 野村 克也 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 野村 克也(のむら かつや、1935年〈昭和10年〉6月29日 ‐ 2020年〈令和2年〉2月11日)は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、野球解説者・野球評論家。愛称は「ノムさん」「ムース」「ノムカツ」。血液型はB型。 選手としては、史上2人目の三冠王達成(世界のプロ野球史上初の捕手による三冠王)、選手出場試合数歴代2位、監督出場試合数歴代3位、通算本塁打数歴代2位、通算安打数歴代2位、通算打点数歴代2位、通算塁打数歴代2位、通算打席数1位(11970打席)、通算打数1位(10472打数)、通算犠飛数歴代1位(113犠飛)、通算併殺打1位(378打)、ベストナイン19回受賞で1位などの記録を持つ。 また、監督としても「平成」(1989年1月8日 - 2019年4月30日)期間の最多勝利記録(1,053勝)を保持する。監督として1563敗は歴代1位。プロ野球では南海、ヤクルト、阪神、楽天の監督を歴任したほか、日本体育大学客員教授なども務めた。晩年の所属事務所はエフエンタープライズで、継子の団野村が運営するKDNスポーツジャパンがマネジメント代行を行っていた。元東北楽天ゴールデンイーグルス名誉監督(2012年まで)。 (ja)
  • 野村 克也(のむら かつや、1935年〈昭和10年〉6月29日 ‐ 2020年〈令和2年〉2月11日)は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、野球解説者・野球評論家。愛称は「ノムさん」「ムース」「ノムカツ」。血液型はB型。 選手としては、史上2人目の三冠王達成(世界のプロ野球史上初の捕手による三冠王)、選手出場試合数歴代2位、監督出場試合数歴代3位、通算本塁打数歴代2位、通算安打数歴代2位、通算打点数歴代2位、通算塁打数歴代2位、通算打席数1位(11970打席)、通算打数1位(10472打数)、通算犠飛数歴代1位(113犠飛)、通算併殺打1位(378打)、ベストナイン19回受賞で1位などの記録を持つ。 また、監督としても「平成」(1989年1月8日 - 2019年4月30日)期間の最多勝利記録(1,053勝)を保持する。監督として1563敗は歴代1位。プロ野球では南海、ヤクルト、阪神、楽天の監督を歴任したほか、日本体育大学客員教授なども務めた。晩年の所属事務所はエフエンタープライズで、継子の団野村が運営するKDNスポーツジャパンがマネジメント代行を行っていた。元東北楽天ゴールデンイーグルス名誉監督(2012年まで)。 (ja)
rdfs:label
  • 野村克也 (ja)
  • 野村克也 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 野村 克也 (ja)
  • 野村 克也 (ja)
is dbo:starring of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:hsp of
is prop-ja:rsp of
is prop-ja:優勝チーム監督 of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:対戦チーム監督 of
is prop-ja:敢闘選手 of
is prop-ja:監督 of
is prop-ja:選手a of
is prop-ja:選手b of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of