Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 野島 秀勝(のじま ひでかつ、1930年8月1日 - 2009年2月21日)は、日本の文芸評論家、英文学者。お茶の水女子大学名誉教授。東京府新宿生まれ。東京外国語大学卒業、1958年、東京大学大学院英文科博士課程修了。同年、お茶の水女子大専任講師、1963年、助教授、1964年から一年間、フルブライト研究員としてコロンビア大学に留学、1975年、教授。昭和30年(1955年)頃より評論活動を開始、佐伯彰一らの『批評』同人となる。1981年、『迷宮の女たち』で亀井勝一郎賞受賞。2009年2月21日、虚血性心不全のため死去。享年78。ロマン主義の誠実概念を核とした近代思想の矛盾を突く歯切れのよい文章で知られ、晩年は岩波文庫で英文学の新訳をいくつか刊行した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1082144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2090 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54065889 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 野島 秀勝(のじま ひでかつ、1930年8月1日 - 2009年2月21日)は、日本の文芸評論家、英文学者。お茶の水女子大学名誉教授。東京府新宿生まれ。東京外国語大学卒業、1958年、東京大学大学院英文科博士課程修了。同年、お茶の水女子大専任講師、1963年、助教授、1964年から一年間、フルブライト研究員としてコロンビア大学に留学、1975年、教授。昭和30年(1955年)頃より評論活動を開始、佐伯彰一らの『批評』同人となる。1981年、『迷宮の女たち』で亀井勝一郎賞受賞。2009年2月21日、虚血性心不全のため死去。享年78。ロマン主義の誠実概念を核とした近代思想の矛盾を突く歯切れのよい文章で知られ、晩年は岩波文庫で英文学の新訳をいくつか刊行した。
rdfs:label
  • 野島秀勝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of