重機関銃(じゅうきかんじゅう、英: Heavy machine gun)は、一人で携行できないような大型の機関銃のこと。略称は「重機」、英語では「HMG」。 小銃弾を使用する第一世代の機関銃がこれにあたるほか、大口径、多銃身のものもある。 小型軽量で一人での携行が可能な軽機関銃が登場したため、区別上この名で呼ばれる様になった(レトロニム)。歩兵の直接支援火器としては、現代では汎用機関銃が登場・普及した事からその数を減らしているが、戦車や歩兵戦闘車など装甲戦闘車両の同軸、防御用火器としては未だに現役であり、歩兵の持つ小火器よりも威力・精度が高いことから未だに配備が続けられている。

Property Value
dbo:abstract
  • 重機関銃(じゅうきかんじゅう、英: Heavy machine gun)は、一人で携行できないような大型の機関銃のこと。略称は「重機」、英語では「HMG」。 小銃弾を使用する第一世代の機関銃がこれにあたるほか、大口径、多銃身のものもある。 小型軽量で一人での携行が可能な軽機関銃が登場したため、区別上この名で呼ばれる様になった(レトロニム)。歩兵の直接支援火器としては、現代では汎用機関銃が登場・普及した事からその数を減らしているが、戦車や歩兵戦闘車など装甲戦闘車両の同軸、防御用火器としては未だに現役であり、歩兵の持つ小火器よりも威力・精度が高いことから未だに配備が続けられている。 (ja)
  • 重機関銃(じゅうきかんじゅう、英: Heavy machine gun)は、一人で携行できないような大型の機関銃のこと。略称は「重機」、英語では「HMG」。 小銃弾を使用する第一世代の機関銃がこれにあたるほか、大口径、多銃身のものもある。 小型軽量で一人での携行が可能な軽機関銃が登場したため、区別上この名で呼ばれる様になった(レトロニム)。歩兵の直接支援火器としては、現代では汎用機関銃が登場・普及した事からその数を減らしているが、戦車や歩兵戦闘車など装甲戦闘車両の同軸、防御用火器としては未だに現役であり、歩兵の持つ小火器よりも威力・精度が高いことから未だに配備が続けられている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 189932 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3093 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 73224222 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 重機関銃(じゅうきかんじゅう、英: Heavy machine gun)は、一人で携行できないような大型の機関銃のこと。略称は「重機」、英語では「HMG」。 小銃弾を使用する第一世代の機関銃がこれにあたるほか、大口径、多銃身のものもある。 小型軽量で一人での携行が可能な軽機関銃が登場したため、区別上この名で呼ばれる様になった(レトロニム)。歩兵の直接支援火器としては、現代では汎用機関銃が登場・普及した事からその数を減らしているが、戦車や歩兵戦闘車など装甲戦闘車両の同軸、防御用火器としては未だに現役であり、歩兵の持つ小火器よりも威力・精度が高いことから未だに配備が続けられている。 (ja)
  • 重機関銃(じゅうきかんじゅう、英: Heavy machine gun)は、一人で携行できないような大型の機関銃のこと。略称は「重機」、英語では「HMG」。 小銃弾を使用する第一世代の機関銃がこれにあたるほか、大口径、多銃身のものもある。 小型軽量で一人での携行が可能な軽機関銃が登場したため、区別上この名で呼ばれる様になった(レトロニム)。歩兵の直接支援火器としては、現代では汎用機関銃が登場・普及した事からその数を減らしているが、戦車や歩兵戦闘車など装甲戦闘車両の同軸、防御用火器としては未だに現役であり、歩兵の持つ小火器よりも威力・精度が高いことから未だに配備が続けられている。 (ja)
rdfs:label
  • 重機関銃 (ja)
  • 重機関銃 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:type of
is prop-ja:兵器 of
is prop-ja:種別 of
is prop-ja:種類 of
is foaf:primaryTopic of