Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 醍醐輝久(だいご てるひさ、宝暦10年6月13日(1760年7月25日)‐享和元年7月25日(1801年9月2日))は、江戸時代中期から後期の公卿、廷臣。後桃園天皇(118代)・光格天皇(119代)の二帝にわたって仕え、官位は正二位権大納言まで昇った。父は右大臣醍醐経胤。母は不詳。室は阿波藩主蜂須賀重喜の娘・蜂須賀幸子(一条輝良の養女)。子息に内大臣醍醐輝弘、権大納言四条隆生。娘に信子(知君、内大臣徳大寺実堅室)がいる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1553530 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 817 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52616337 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 醍醐輝久(だいご てるひさ、宝暦10年6月13日(1760年7月25日)‐享和元年7月25日(1801年9月2日))は、江戸時代中期から後期の公卿、廷臣。後桃園天皇(118代)・光格天皇(119代)の二帝にわたって仕え、官位は正二位権大納言まで昇った。父は右大臣醍醐経胤。母は不詳。室は阿波藩主蜂須賀重喜の娘・蜂須賀幸子(一条輝良の養女)。子息に内大臣醍醐輝弘、権大納言四条隆生。娘に信子(知君、内大臣徳大寺実堅室)がいる。
rdfs:label
  • 醍醐輝久
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of