Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 酢酸エチル(さくさんエチル、ethyl acetate)とは、示性式 CH3COOCH2CH3 で表される有機化合物である。酢酸とエタノールが脱水縮合したエステル。引火点 −2 ℃の果実臭のする無色の液体で、有機溶媒として用いられる。極性が高く、最大で 3重量% ほど酢酸エチルに水が溶解する。逆に水に対しては 10体積%(25℃)ほど溶解し温度が低いほど増大する。また、エタノール、エーテル、ベンゼン、ヘキサンなどのほとんどの有機溶媒と任意の割合で混ざり合う。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
  • 300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 酢酸エチル
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 158171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 96 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58603815 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:imagefile
  • Ethyl-acetate-2D-skeletal.png
  • Ethyl-acetate-3D-balls.png
prop-ja:imagename
  • Ethyl acetate
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 酢酸エチル
prop-ja:name
  • 酢酸エチル
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 酢酸エチル(さくさんエチル、ethyl acetate)とは、示性式 CH3COOCH2CH3 で表される有機化合物である。酢酸とエタノールが脱水縮合したエステル。引火点 −2 ℃の果実臭のする無色の液体で、有機溶媒として用いられる。極性が高く、最大で 3重量% ほど酢酸エチルに水が溶解する。逆に水に対しては 10体積%(25℃)ほど溶解し温度が低いほど増大する。また、エタノール、エーテル、ベンゼン、ヘキサンなどのほとんどの有機溶媒と任意の割合で混ざり合う。
rdfs:label
  • 酢酸エチル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 酢酸エチル
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:専用種別 of
is foaf:primaryTopic of