Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 酒石酸(しゅせきさん Tartaric acid)は酸味のある果実、特に葡萄、ワインに多く含まれる有機化合物で、示性式が HOOC−CH(OH)−CH(OH)−COOH と表されるヒドロキシ酸である。IUPAC命名法では 2,3-ジヒドロキシブタン二酸(2,3-dihydroxy butanedioic acid)となる。ワインの樽にたまる沈殿(酒石、tartar)から、カリウム塩(酒石酸水素カリウム)として発見されたためこの名がある。常温常圧で無色の固体。極性溶媒によく溶ける。水への溶解は、L体、D体、メソ体はよく溶けるが、ラセミ体は比較的溶けにくい。分子量は 150.09。英語のTartaric acidからタルタル酸とも呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 86436 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57839764 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • [133-37-9](ラセミ体)
  • [147-71-7](D体)
  • [526-83-0](立体不定)
  • [87-69-4](L体)
prop-ja:iupac名
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 酒石酸
prop-ja:smiles
  • C(C(C(=O)O)O)(C(=O)O)O
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典
prop-ja:分子式
  • C4H6O6
prop-ja:分子量
  • 150.090000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 無色固体
prop-ja:旋光度
  • +12.0(L体、c=20、水中、20℃)
prop-ja:水への溶解度
  • 20.600000 (xsd:double)
prop-ja:画像
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:融点
  • 168 (xsd:integer)
prop-ja:融点注
  • 151 (xsd:integer)
  • 206 (xsd:integer)
  • (L体、D体)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 酒石酸(しゅせきさん Tartaric acid)は酸味のある果実、特に葡萄、ワインに多く含まれる有機化合物で、示性式が HOOC−CH(OH)−CH(OH)−COOH と表されるヒドロキシ酸である。IUPAC命名法では 2,3-ジヒドロキシブタン二酸(2,3-dihydroxy butanedioic acid)となる。ワインの樽にたまる沈殿(酒石、tartar)から、カリウム塩(酒石酸水素カリウム)として発見されたためこの名がある。常温常圧で無色の固体。極性溶媒によく溶ける。水への溶解は、L体、D体、メソ体はよく溶けるが、ラセミ体は比較的溶けにくい。分子量は 150.09。英語のTartaric acidからタルタル酸とも呼ばれる。
rdfs:label
  • 酒石酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of