Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 都興阿(とこうあ、Duxing'a、? - 1875年)、字は直夫は清朝の軍人、官僚。満州正白旗人。郭貝爾氏。1853年、センゲリンチンに従って太平天国の北伐軍を破り、京口副都統の職を授かった。その後湖北省に救援に赴いて功績をあげて、バトゥルの称号を得た。1858年、太湖を回復し荊州将軍となったが、李続賓が三河の戦いで敗れたため宿松に退いた。1860年、アロー戦争でイギリス・フランス連合軍が北京に迫ると、救援を命ぜられ寿州に至った。和議が成立すると揚州への駐屯を命ぜられ、江北の軍務を統括した。1864年、西安将軍・陝甘総督代理に転出。1865年には盛京将軍に任命された。盛京将軍として馬賊退治に功績を上げた。1868年、張宗禹率いる西捻軍が北京に迫ると、欽差大臣として援軍に赴いた。盛京将軍在任中に死去。清愨の諡号を贈られた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3312760 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRedirects
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57492838 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
rdfs:comment
  • 都興阿(とこうあ、Duxing'a、? - 1875年)、字は直夫は清朝の軍人、官僚。満州正白旗人。郭貝爾氏。1853年、センゲリンチンに従って太平天国の北伐軍を破り、京口副都統の職を授かった。その後湖北省に救援に赴いて功績をあげて、バトゥルの称号を得た。1858年、太湖を回復し荊州将軍となったが、李続賓が三河の戦いで敗れたため宿松に退いた。1860年、アロー戦争でイギリス・フランス連合軍が北京に迫ると、救援を命ぜられ寿州に至った。和議が成立すると揚州への駐屯を命ぜられ、江北の軍務を統括した。1864年、西安将軍・陝甘総督代理に転出。1865年には盛京将軍に任命された。盛京将軍として馬賊退治に功績を上げた。1868年、張宗禹率いる西捻軍が北京に迫ると、欽差大臣として援軍に赴いた。盛京将軍在任中に死去。清愨の諡号を贈られた。
rdfs:label
  • 都興阿
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of