Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 郷原宿(ごうばらじゅく)は北国西街道(善光寺街道、善光寺西街道)の宿場で、信濃国筑摩郡郷原町村と堅石町村にまたがっていた。(現長野県塩尻市)。幕末の安政5年の大火の後に再建された町並みは、かつて柳宗悦が「宿場全体が誠に見事な一個の作品だといてよい」と絶賛した。古い建物は、緩い勾配の切妻屋根で、妻側を正面とする本棟造。「雀おどり」と呼ばれる棟飾りが威風堂々とした外観を与えている。また、家屋の前面には庭木が植えられていて、他の宿場町と異なる独特の景観を作っている。現代の建物にも、妻入りの構造は引き継がれている。堅石町村には東山道の覚志(かがし)駅があり、後に転訛し堅石(かたいし)になったという。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 293609 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57412775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 郷原宿(ごうばらじゅく)は北国西街道(善光寺街道、善光寺西街道)の宿場で、信濃国筑摩郡郷原町村と堅石町村にまたがっていた。(現長野県塩尻市)。幕末の安政5年の大火の後に再建された町並みは、かつて柳宗悦が「宿場全体が誠に見事な一個の作品だといてよい」と絶賛した。古い建物は、緩い勾配の切妻屋根で、妻側を正面とする本棟造。「雀おどり」と呼ばれる棟飾りが威風堂々とした外観を与えている。また、家屋の前面には庭木が植えられていて、他の宿場町と異なる独特の景観を作っている。現代の建物にも、妻入りの構造は引き継がれている。堅石町村には東山道の覚志(かがし)駅があり、後に転訛し堅石(かたいし)になったという。
rdfs:label
  • 郷原宿
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of