Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 郭靖(かくせい、拼音: Guō Jìng)は、金庸の武俠小説、射鵰三部作に登場する人物。『射鵰英雄伝』では主役。名前の「靖」は義兄弟の楊康とともに靖康の変にちなんで丘処機によって名づけられた。成年は作中では慶元6年(1200年)となっているが、史実と郭靖の年齢を照合すると、様々な点で矛盾が生じてしまう。そのため、年号はあくまで目安。没年は襄陽の陥落と一致するので、1273年。武術に優れ、義俠心に厚いながらも敵・味方、あげく親族からすら愚鈍・馬鹿と評価されており、非常に間の抜けたところが目立つ。そのため、知恵者の黄蓉が郭靖のブレーンを勤めていた。ただ、中年期以降は落ち着きも見られ、特に対モンゴル戦で活躍。誰からも尊敬される人物となり大俠と呼ばれるようになった大器晩成型の人物。なお、水滸伝に登場する郭盛の子孫という設定になっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1562247 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 83 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58819936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:内功
prop-ja:呼名
  • 郭靖
prop-ja:姓名
  • 郭靖
prop-ja:家族
prop-ja:小説
prop-ja:師父
prop-ja:弟子
  • 武修文
  • 武敦儒
prop-ja:武功
prop-ja:武器
prop-ja:称号
  • 郭大俠、北俠
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 郭靖(かくせい、拼音: Guō Jìng)は、金庸の武俠小説、射鵰三部作に登場する人物。『射鵰英雄伝』では主役。名前の「靖」は義兄弟の楊康とともに靖康の変にちなんで丘処機によって名づけられた。成年は作中では慶元6年(1200年)となっているが、史実と郭靖の年齢を照合すると、様々な点で矛盾が生じてしまう。そのため、年号はあくまで目安。没年は襄陽の陥落と一致するので、1273年。武術に優れ、義俠心に厚いながらも敵・味方、あげく親族からすら愚鈍・馬鹿と評価されており、非常に間の抜けたところが目立つ。そのため、知恵者の黄蓉が郭靖のブレーンを勤めていた。ただ、中年期以降は落ち着きも見られ、特に対モンゴル戦で活躍。誰からも尊敬される人物となり大俠と呼ばれるようになった大器晩成型の人物。なお、水滸伝に登場する郭盛の子孫という設定になっている。
rdfs:label
  • 郭靖
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主要人物 of
is prop-ja:家族 of
is prop-ja:師父 of
is prop-ja:弟子 of
is foaf:primaryTopic of