Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 還暦土俵入り(かんれきどひょういり)は、現役時代の最高位が横綱の元力士が還暦(60歳)を迎えた際に、「長寿祝い」として行われる土俵入りのことである。開催場所は、還暦を迎えた時点で日本相撲協会に親方として在籍していれば国技館で行われ、退職した者は都内のホテルなどといった別の場所で行う(例外も有り)。通常の横綱土俵入りでは白い綱を使用するが、還暦土俵入りでは特別に赤い綱を用いる。その綱を「赤綱」と呼ぶこともあるが、これは俗称であって正式なものではない。なお化粧廻しの前に垂らす御幣(ごへい)は、現役横綱時と同様に白色を使用するのが基本だが、2015年5月に行われた千代の富士貢(現・九重親方)の還暦土俵入りでは、紙垂(しで)も綱と同じ赤色を使用した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 145927 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4318 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58385061 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 還暦土俵入り(かんれきどひょういり)は、現役時代の最高位が横綱の元力士が還暦(60歳)を迎えた際に、「長寿祝い」として行われる土俵入りのことである。開催場所は、還暦を迎えた時点で日本相撲協会に親方として在籍していれば国技館で行われ、退職した者は都内のホテルなどといった別の場所で行う(例外も有り)。通常の横綱土俵入りでは白い綱を使用するが、還暦土俵入りでは特別に赤い綱を用いる。その綱を「赤綱」と呼ぶこともあるが、これは俗称であって正式なものではない。なお化粧廻しの前に垂らす御幣(ごへい)は、現役横綱時と同様に白色を使用するのが基本だが、2015年5月に行われた千代の富士貢(現・九重親方)の還暦土俵入りでは、紙垂(しで)も綱と同じ赤色を使用した。
rdfs:label
  • 還暦土俵入り
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of