Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 還元主義(かんげんしゅぎ、英: Reductionism、独: Reduktionismus)は、日本で比較的定着している定義では考察・研究している対象の中に階層構造を見つけ出し、上位階層において成立する基本法則や基本概念が、「いつでも必ずそれより一つ下位の法則と概念で書き換えが可能」としてしまう考え方のこと。複雑な物事でも、それを構成する要素に分解し、それらの個別(一部)の要素だけを理解すれば、元の複雑な物事全体の性質や振る舞いもすべて理解できるはずだ、と想定する考え方上記のような考え方・主張に対する否定的な呼称。要素還元主義とも言う。ただし、最近では次のような定義をされることもある。 (1) 異なる知識の領域や分科同士の関係、または (2)部分と全体の関係に対するいくつかの立場、 を指す語。またそれぞれの分野で(批判的な意味を込めずに)特定の立場や理論を指す代名詞として用いられることもある。還元の英訳は「削減」を意味するreductionであるが、これは概念や法則の多様性を減らすという意味で理解することができる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 207709 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16669 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58037361 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 還元主義(かんげんしゅぎ、英: Reductionism、独: Reduktionismus)は、日本で比較的定着している定義では考察・研究している対象の中に階層構造を見つけ出し、上位階層において成立する基本法則や基本概念が、「いつでも必ずそれより一つ下位の法則と概念で書き換えが可能」としてしまう考え方のこと。複雑な物事でも、それを構成する要素に分解し、それらの個別(一部)の要素だけを理解すれば、元の複雑な物事全体の性質や振る舞いもすべて理解できるはずだ、と想定する考え方上記のような考え方・主張に対する否定的な呼称。要素還元主義とも言う。ただし、最近では次のような定義をされることもある。 (1) 異なる知識の領域や分科同士の関係、または (2)部分と全体の関係に対するいくつかの立場、 を指す語。またそれぞれの分野で(批判的な意味を込めずに)特定の立場や理論を指す代名詞として用いられることもある。還元の英訳は「削減」を意味するreductionであるが、これは概念や法則の多様性を減らすという意味で理解することができる。
rdfs:label
  • 還元主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of