Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 遠藤氏(えんどうし)は、日本の氏族、武士の家系。江戸時代には譜代大名家となった。遠藤氏は、千葉氏の庶流東氏が下総国東荘より移ったときにこれに従い、美濃国に入った。室町時代、東常慶の娘婿であった遠藤盛数は東氏から家督を奪い、以後は遠藤氏が東氏の家督も継承した。遠藤氏は郡上八幡城を本拠とし郡上一円を支配した。一方で家督を奪われた常慶の子の東常尭は飛騨の内ヶ島氏理の庇護を受けたものの、天正大地震で内ヶ島氏と運命を共にした。盛数の子で常慶の外孫である遠藤慶隆は戦国時代、安土桃山時代を乗り切り、江戸時代には美濃八幡藩主となり、その後子孫は近江三上藩(滋賀県野洲市)へ移封されて存続した。最後の藩主である遠藤胤城は明治維新後に縁のある東氏に改姓し、子爵を授けられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1435975 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 83 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58900547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:家名
  • 遠藤氏
prop-ja:家祖
prop-ja:家紋
  • Kamon Endo.jpg
prop-ja:本姓
prop-ja:根拠地
prop-ja:種別
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 遠藤氏(えんどうし)は、日本の氏族、武士の家系。江戸時代には譜代大名家となった。遠藤氏は、千葉氏の庶流東氏が下総国東荘より移ったときにこれに従い、美濃国に入った。室町時代、東常慶の娘婿であった遠藤盛数は東氏から家督を奪い、以後は遠藤氏が東氏の家督も継承した。遠藤氏は郡上八幡城を本拠とし郡上一円を支配した。一方で家督を奪われた常慶の子の東常尭は飛騨の内ヶ島氏理の庇護を受けたものの、天正大地震で内ヶ島氏と運命を共にした。盛数の子で常慶の外孫である遠藤慶隆は戦国時代、安土桃山時代を乗り切り、江戸時代には美濃八幡藩主となり、その後子孫は近江三上藩(滋賀県野洲市)へ移封されて存続した。最後の藩主である遠藤胤城は明治維新後に縁のある東氏に改姓し、子爵を授けられている。
rdfs:label
  • 遠藤氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is prop-ja:支流 of
is prop-ja:氏族 of
is foaf:primaryTopic of