Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 遠心鋳造(えんしんちゅうぞう、英: Centrifugal casting)もしくは遠心鋳造法とは、鋳造手法の一つ。重力鋳造が重力を利用するのに対し、遠心鋳造では型を鉛直の軸周りに回転させることで発生する遠心力を利用して、緻密な鋳物作成に用いられる。工業、芸術など幅広い分野で応用されている。形状が複雑な小さい部品を鋳造する場合、静止した型に溶解金属を流し込んでも、その表面張力の高さのために隅々まで金属が行き渡らないことがある。型を回転させながら溶融金属を流し込むことで、遠心力によって行き渡らせることができる。同様の問題は吸引鋳造でも解決可能である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 701540 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47141952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 遠心鋳造(えんしんちゅうぞう、英: Centrifugal casting)もしくは遠心鋳造法とは、鋳造手法の一つ。重力鋳造が重力を利用するのに対し、遠心鋳造では型を鉛直の軸周りに回転させることで発生する遠心力を利用して、緻密な鋳物作成に用いられる。工業、芸術など幅広い分野で応用されている。形状が複雑な小さい部品を鋳造する場合、静止した型に溶解金属を流し込んでも、その表面張力の高さのために隅々まで金属が行き渡らないことがある。型を回転させながら溶融金属を流し込むことで、遠心力によって行き渡らせることができる。同様の問題は吸引鋳造でも解決可能である。
rdfs:label
  • 遠心鋳造
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of