Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 道 首名(みち の おびとな、天智天皇2年(663年) - 養老2年4月10日(718年5月18日))は、飛鳥時代から奈良時代初期にかけての貴族。姓は君または公。官位は正五位下・筑後守、贈従四位下。大宝律令の選定に携わる一方、地方官としても治績を挙げ、死後も長く良吏として記憶された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1451198 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3980 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57704552 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 道 首名(みち の おびとな、天智天皇2年(663年) - 養老2年4月10日(718年5月18日))は、飛鳥時代から奈良時代初期にかけての貴族。姓は君または公。官位は正五位下・筑後守、贈従四位下。大宝律令の選定に携わる一方、地方官としても治績を挙げ、死後も長く良吏として記憶された。
rdfs:label
  • 道首名
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of