Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 道徳再武装(どうとくさいぶそう、英: Moral Re-Armament、略称MRA)は、2001年まで存在した、国際的な道徳と精神に関する運動である。1921年にメソジストのフランク・ブックマン(フランクリン・ナサニエル・ダニエル・ブックマン、Franklin Nathaniel Daniel Buchman、1878年6月4日 – 1961年8月7日)牧師が率いるオックスフォード・グループが発展する形で発足した。1938年に現在の名称となった。以後、ブックマンは1961年に死去するまでの23年間に渡って、この活動を率いた。MRAはキリスト教に端を発するものであったものの、非政府の国際ネットワークとしてあらゆる宗教や社会的背景に属する人々によって構成されている。MRAは、「4つの絶対標準」と呼ばれる考え方に則っている。MRAはその支持者に対して、政治的活動や社会的活動に参画することを奨励する。2001年に、道徳再武装は、その名称をイニシアティブス・オブ・チェンジ(IofC、日本ではICと呼ばれることが多い)に変更した。非政府組織のICインターナショナルとして、国際連合や欧州評議会との連携も図ろうとしている。各国における取組には、アメリカにおける「都市における希望(Hope in the Cities)」やスイスにおける「人間の安全保障に関するコー会議」、インドの「ガバナンスのための拠点」、シエラレオネの「Hope Sierra Leone」などがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2389938 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11752 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 76 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59104113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 道徳再武装(どうとくさいぶそう、英: Moral Re-Armament、略称MRA)は、2001年まで存在した、国際的な道徳と精神に関する運動である。1921年にメソジストのフランク・ブックマン(フランクリン・ナサニエル・ダニエル・ブックマン、Franklin Nathaniel Daniel Buchman、1878年6月4日 – 1961年8月7日)牧師が率いるオックスフォード・グループが発展する形で発足した。1938年に現在の名称となった。以後、ブックマンは1961年に死去するまでの23年間に渡って、この活動を率いた。MRAはキリスト教に端を発するものであったものの、非政府の国際ネットワークとしてあらゆる宗教や社会的背景に属する人々によって構成されている。MRAは、「4つの絶対標準」と呼ばれる考え方に則っている。MRAはその支持者に対して、政治的活動や社会的活動に参画することを奨励する。2001年に、道徳再武装は、その名称をイニシアティブス・オブ・チェンジ(IofC、日本ではICと呼ばれることが多い)に変更した。非政府組織のICインターナショナルとして、国際連合や欧州評議会との連携も図ろうとしている。各国における取組には、アメリカにおける「都市における希望(Hope in the Cities)」やスイスにおける「人間の安全保障に関するコー会議」、インドの「ガバナンスのための拠点」、シエラレオネの「Hope Sierra Leone」などがある。
rdfs:label
  • 道徳再武装
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of