Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 運賃学説(うんちんがくせつ・英pricing of transport theory)とは、交通サービス・用役に対価として支払う運賃の決定方法に関する学説のことである。古くは利用者(輸送される人間及び貨物の所有者)の持つ費用支払能力に応じてなおかつ倫理的観点から安めに抑えた金額をもって運賃を定めるとされた運送負担力主義(うんそうふたんりょくしゅぎ)が採用されていたが、近代以後にはより明確な算定基準が求められるようになった。運賃学説には、大きく分けると以下の3つに分類することが可能である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1488923 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57429060 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --11-01
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 航空
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 運賃学説(うんちんがくせつ・英pricing of transport theory)とは、交通サービス・用役に対価として支払う運賃の決定方法に関する学説のことである。古くは利用者(輸送される人間及び貨物の所有者)の持つ費用支払能力に応じてなおかつ倫理的観点から安めに抑えた金額をもって運賃を定めるとされた運送負担力主義(うんそうふたんりょくしゅぎ)が採用されていたが、近代以後にはより明確な算定基準が求められるようになった。運賃学説には、大きく分けると以下の3つに分類することが可能である。
rdfs:label
  • 運賃学説
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of