Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 進歩党(英語: Progressive Party)は、アメリカ合衆国にかつて存在した政党。1948年の大統領選挙に際し、フランクリン・ルーズベルト政権で農務長官、商務長官そして副大統領を務めたヘンリー・A・ウォレスの選挙母体となった。1924年の革新党(進歩党)を引き継ぐ政党だが、これまでの革新党(進歩党)と異なり、民主党から分裂した政党の色が強かった。また革新主義の時代はすでに終わっていたため、この党が革新党と書かれることは少ない。黒人への参政権完全付与(のちの公民権運動に連なる)や国民皆保険など左派的な政策を掲げたが、反共主義の嵐が吹く世論を前に一般投票の得票率は2.4%にとどまった。1955年に解党した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2777010 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48440348 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 進歩党(英語: Progressive Party)は、アメリカ合衆国にかつて存在した政党。1948年の大統領選挙に際し、フランクリン・ルーズベルト政権で農務長官、商務長官そして副大統領を務めたヘンリー・A・ウォレスの選挙母体となった。1924年の革新党(進歩党)を引き継ぐ政党だが、これまでの革新党(進歩党)と異なり、民主党から分裂した政党の色が強かった。また革新主義の時代はすでに終わっていたため、この党が革新党と書かれることは少ない。黒人への参政権完全付与(のちの公民権運動に連なる)や国民皆保険など左派的な政策を掲げたが、反共主義の嵐が吹く世論を前に一般投票の得票率は2.4%にとどまった。1955年に解党した。
rdfs:label
  • 進歩党 (アメリカ 1948)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of