Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 進化倫理学(しんかりんりがく、Evolutionary ethics)は人の精神や行動を形作った進化の役割の理解を基盤とした、倫理・道徳へのアプローチである。そのようなアプローチは自然科学の諸分野、特に観察される倫理的選好や選択の説明と理解に焦点を当てた社会生物学や進化心理学を基盤としている。通常は「説明」と「指針」は区別されるが、しかし進化の理論や概念は特定の倫理システムやモラル(何が善で何が悪であるか)の提唱や正当化に用いられる可能性もある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1590130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7726 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58063311 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 進化倫理学(しんかりんりがく、Evolutionary ethics)は人の精神や行動を形作った進化の役割の理解を基盤とした、倫理・道徳へのアプローチである。そのようなアプローチは自然科学の諸分野、特に観察される倫理的選好や選択の説明と理解に焦点を当てた社会生物学や進化心理学を基盤としている。通常は「説明」と「指針」は区別されるが、しかし進化の理論や概念は特定の倫理システムやモラル(何が善で何が悪であるか)の提唱や正当化に用いられる可能性もある。
rdfs:label
  • 進化倫理学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of