Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『連隊の娘』(れんたいのむすめ、La fille du régiment)は、ガエターノ・ドニゼッティが作曲した全2幕からなるオペラ・コミックである。劇中の『さようなら』(Convien partir)が有名。舞台は、ナポレオン戦争当時のスイスのチロル地方である。ヒロインのマリーは、幼い頃に両親(実は貴族)と生き別れ、フランス軍の連隊に育てられた娘である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2062319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2261 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52999677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:description
  • from Donizetti's opera La fille du régiment, performed by Atelier Vocal des Herbiers
prop-ja:filename
  • Donizetti_-_Le_beau_vingt-et-unième__-_Atelier_Vocal_des_Herbiers__-_juin_2000.ogg
prop-ja:format
prop-ja:pos
  • left
prop-ja:title
  • Le beau vingt-et-unième
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『連隊の娘』(れんたいのむすめ、La fille du régiment)は、ガエターノ・ドニゼッティが作曲した全2幕からなるオペラ・コミックである。劇中の『さようなら』(Convien partir)が有名。舞台は、ナポレオン戦争当時のスイスのチロル地方である。ヒロインのマリーは、幼い頃に両親(実は貴族)と生き別れ、フランス軍の連隊に育てられた娘である。
rdfs:label
  • 連隊の娘
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of