Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 逢坂山トンネル(おうさかやまトンネル)は、いずれも、滋賀県(大津市)と京都府(京都市山科区)の間にある逢坂山に掘削されたトンネルである。なお、トンネル自体は滋賀県内に位置する。逢坂山には古代より逢坂関が置かれたが、京都のすぐ東方に設置され、東山道・北陸道が通過する逢坂関は交通の要衝であり、また平安時代以降、たびたび和歌に詠まれる名勝でもあった。なお、本項目では以下の3本のものについてを記載する。 東海道本線にかつて存在した逢坂山隧道 現在の東海道本線の逢坂山トンネル(新逢坂山トンネル)及び東山トンネルを併記 京阪京津線の逢坂山トンネル
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 498792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3884 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54362919 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 逢坂山トンネル(おうさかやまトンネル)は、いずれも、滋賀県(大津市)と京都府(京都市山科区)の間にある逢坂山に掘削されたトンネルである。なお、トンネル自体は滋賀県内に位置する。逢坂山には古代より逢坂関が置かれたが、京都のすぐ東方に設置され、東山道・北陸道が通過する逢坂関は交通の要衝であり、また平安時代以降、たびたび和歌に詠まれる名勝でもあった。なお、本項目では以下の3本のものについてを記載する。 東海道本線にかつて存在した逢坂山隧道 現在の東海道本線の逢坂山トンネル(新逢坂山トンネル)及び東山トンネルを併記 京阪京津線の逢坂山トンネル
rdfs:label
  • 逢坂山トンネル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of