Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 通幻 寂霊(つうげん じゃくれい、元亨2年(1322年) - 明徳2年/元中8年5月5日(1391年6月7日))は、南北朝時代の曹洞宗の僧。俗姓は藤原氏。諱は寂霊。道号は通幻。豊前国国東郡武蔵郷の出身。17歳で豊前国大光寺の定山祖禅について出家し、翌年大宰府戒壇院で受戒している。1340年加賀国大乗寺の明峰素哲に、1352年能登国總持寺の峨山韶碩に師事してその法を継いだ。1368年總持寺5世となり、1370年細川頼之の庇護を受け丹波国に永澤寺を開いた。後円融天皇の勅命により洞上の僧録となり、その後再び総持寺に住した。1386年越前国に龍泉寺を開いている。通幻の門下には通幻十哲と呼ばれる優れた禅僧を輩出した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 422124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1637 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58089773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 通幻 寂霊(つうげん じゃくれい、元亨2年(1322年) - 明徳2年/元中8年5月5日(1391年6月7日))は、南北朝時代の曹洞宗の僧。俗姓は藤原氏。諱は寂霊。道号は通幻。豊前国国東郡武蔵郷の出身。17歳で豊前国大光寺の定山祖禅について出家し、翌年大宰府戒壇院で受戒している。1340年加賀国大乗寺の明峰素哲に、1352年能登国總持寺の峨山韶碩に師事してその法を継いだ。1368年總持寺5世となり、1370年細川頼之の庇護を受け丹波国に永澤寺を開いた。後円融天皇の勅命により洞上の僧録となり、その後再び総持寺に住した。1386年越前国に龍泉寺を開いている。通幻の門下には通幻十哲と呼ばれる優れた禅僧を輩出した。
rdfs:label
  • 通幻寂霊
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:開山 of
is foaf:primaryTopic of