Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 逆2乗の法則(ぎゃくにじょうのほうそく)とは「物理量の定量的な値が、発生源からの距離の2乗に反比例する」という法則を総じて指したものである。我々のいる空間が3次元であり等方的であることと、この法則は密接に関連する。以下で述べる3つの法則がその代表例である。近代における物理学の形成時に発見されたこの3つの法則は、後の物理学の発達に大きな影響を与えた。物理学者は何らかの変化を認めたとき、その発生源と発生源との距離の2乗とに関連があるかどうかをまず確かめるようになった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 35380 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3948 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 67 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57201572 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 逆2乗の法則(ぎゃくにじょうのほうそく)とは「物理量の定量的な値が、発生源からの距離の2乗に反比例する」という法則を総じて指したものである。我々のいる空間が3次元であり等方的であることと、この法則は密接に関連する。以下で述べる3つの法則がその代表例である。近代における物理学の形成時に発見されたこの3つの法則は、後の物理学の発達に大きな影響を与えた。物理学者は何らかの変化を認めたとき、その発生源と発生源との距離の2乗とに関連があるかどうかをまず確かめるようになった。
rdfs:label
  • 逆2乗の法則
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of