Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 迷歯亜綱(めいしあこう Labyrinthodontia)は、デボン紀末に最初に陸に上った四肢動物から始まり、石炭紀・ペルム紀・三畳紀にかけて繁栄し、その後衰退しつつも白亜紀前期まで存在した両生類の1グループである。名のとおり、歯の表面のエナメル質が複雑に内部に折り込まれ、断面が迷路状になった「迷路歯」を特徴とする。これは肉鰭綱(シーラカンスなど)に属する祖先から受け継いだ形質である。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 463588 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3909 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51841132 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位分類
  • 本文参照
prop-ja:下位分類名
  • 下位分類
prop-ja:亜綱
  • 迷歯亜綱
prop-ja:名称
  • Labyrinthodontia
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
prop-ja:省略
  • 両生綱
dc:description
  • イクチオステガ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 迷歯亜綱(めいしあこう Labyrinthodontia)は、デボン紀末に最初に陸に上った四肢動物から始まり、石炭紀・ペルム紀・三畳紀にかけて繁栄し、その後衰退しつつも白亜紀前期まで存在した両生類の1グループである。名のとおり、歯の表面のエナメル質が複雑に内部に折り込まれ、断面が迷路状になった「迷路歯」を特徴とする。これは肉鰭綱(シーラカンスなど)に属する祖先から受け継いだ形質である。
rdfs:label
  • 迷歯亜綱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 両生綱
  • 迷歯亜綱
  • Labyrinthodontia
is dbpedia-owl:class of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:亜綱 of
is foaf:primaryTopic of