『近鉄金曜劇場』(きんてつきんようげきじょう)は、1961年(昭和36年)10月6日から1967年(昭和42年)9月29日まで、当時JNN系列であった朝日放送(ABC)を幹事局に、TBS系列で毎週金曜日20:00 - 21:00(後に「JNNフラッシュニュース」が入ったことにより4分短縮)に放送されていたテレビドラマ専門枠。 制作は、TBS系列局であり、かつJNN基幹局であるABC・TBS・中部日本放送(CBC)・北海道放送(HBC)・RKB毎日放送(RKB)が持ち回りで担当した。1965年9月3日 - 1967年3月31日までは、ヒューマンドラマ路線を主とし、「愛とこころのシリーズ」というサブタイトルが冠されていた。 「東芝日曜劇場」とともに、名作ドラマを数多く輩出したドラマ枠ではあったが、当時の民放は地方都市を中心に1局しかなかった、オープンネットの状態が多く、回線の関係で、系列局によっては、この時間帯を日本テレビ(NTV)系列「三菱ダイヤモンドアワー」(三菱電機単独提供。「日本プロレス中継」と「ディズニーランド」との週替わり放送)との同時ネットに充当していた局もあったため、必ずしもTBS系列全局で同時ネットされていたわけではなく、遅れネットもしくは未ネットとなった局も少なくなかった。 近畿日本鉄道の一社提供であり、テーマソングとして楠トシエ「近鉄特急の歌」が使用された。

Property Value
dbo:abstract
  • 『近鉄金曜劇場』(きんてつきんようげきじょう)は、1961年(昭和36年)10月6日から1967年(昭和42年)9月29日まで、当時JNN系列であった朝日放送(ABC)を幹事局に、TBS系列で毎週金曜日20:00 - 21:00(後に「JNNフラッシュニュース」が入ったことにより4分短縮)に放送されていたテレビドラマ専門枠。 制作は、TBS系列局であり、かつJNN基幹局であるABC・TBS・中部日本放送(CBC)・北海道放送(HBC)・RKB毎日放送(RKB)が持ち回りで担当した。1965年9月3日 - 1967年3月31日までは、ヒューマンドラマ路線を主とし、「愛とこころのシリーズ」というサブタイトルが冠されていた。 「東芝日曜劇場」とともに、名作ドラマを数多く輩出したドラマ枠ではあったが、当時の民放は地方都市を中心に1局しかなかった、オープンネットの状態が多く、回線の関係で、系列局によっては、この時間帯を日本テレビ(NTV)系列「三菱ダイヤモンドアワー」(三菱電機単独提供。「日本プロレス中継」と「ディズニーランド」との週替わり放送)との同時ネットに充当していた局もあったため、必ずしもTBS系列全局で同時ネットされていたわけではなく、遅れネットもしくは未ネットとなった局も少なくなかった。 近畿日本鉄道の一社提供であり、テーマソングとして楠トシエ「近鉄特急の歌」が使用された。 (ja)
  • 『近鉄金曜劇場』(きんてつきんようげきじょう)は、1961年(昭和36年)10月6日から1967年(昭和42年)9月29日まで、当時JNN系列であった朝日放送(ABC)を幹事局に、TBS系列で毎週金曜日20:00 - 21:00(後に「JNNフラッシュニュース」が入ったことにより4分短縮)に放送されていたテレビドラマ専門枠。 制作は、TBS系列局であり、かつJNN基幹局であるABC・TBS・中部日本放送(CBC)・北海道放送(HBC)・RKB毎日放送(RKB)が持ち回りで担当した。1965年9月3日 - 1967年3月31日までは、ヒューマンドラマ路線を主とし、「愛とこころのシリーズ」というサブタイトルが冠されていた。 「東芝日曜劇場」とともに、名作ドラマを数多く輩出したドラマ枠ではあったが、当時の民放は地方都市を中心に1局しかなかった、オープンネットの状態が多く、回線の関係で、系列局によっては、この時間帯を日本テレビ(NTV)系列「三菱ダイヤモンドアワー」(三菱電機単独提供。「日本プロレス中継」と「ディズニーランド」との週替わり放送)との同時ネットに充当していた局もあったため、必ずしもTBS系列全局で同時ネットされていたわけではなく、遅れネットもしくは未ネットとなった局も少なくなかった。 近畿日本鉄道の一社提供であり、テーマソングとして楠トシエ「近鉄特急の歌」が使用された。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 308543 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10713 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79292018 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:2前番組
  • 同上 (ja)
  • (20:00 - 21:00) (ja)
  • 同上 (ja)
  • (20:00 - 21:00) (ja)
prop-ja:2放送局
  • TBS系 (ja)
  • TBS系 (ja)
prop-ja:2放送枠
  • 金曜20:56 - 21:00枠(ここまでABC製作) (ja)
  • 金曜20:56 - 21:00枠(ここまでABC製作) (ja)
prop-ja:2次番組
prop-ja:2番組名
  • 近鉄金曜劇場 (ja)
  • --02-01
  • 【4分縮小して継続】 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:前番組
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
  • 金曜日20時台 (ja)
  • 金曜日20時台 (ja)
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • 近鉄金曜劇場 (ja)
  • 近鉄金曜劇場 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『近鉄金曜劇場』(きんてつきんようげきじょう)は、1961年(昭和36年)10月6日から1967年(昭和42年)9月29日まで、当時JNN系列であった朝日放送(ABC)を幹事局に、TBS系列で毎週金曜日20:00 - 21:00(後に「JNNフラッシュニュース」が入ったことにより4分短縮)に放送されていたテレビドラマ専門枠。 制作は、TBS系列局であり、かつJNN基幹局であるABC・TBS・中部日本放送(CBC)・北海道放送(HBC)・RKB毎日放送(RKB)が持ち回りで担当した。1965年9月3日 - 1967年3月31日までは、ヒューマンドラマ路線を主とし、「愛とこころのシリーズ」というサブタイトルが冠されていた。 「東芝日曜劇場」とともに、名作ドラマを数多く輩出したドラマ枠ではあったが、当時の民放は地方都市を中心に1局しかなかった、オープンネットの状態が多く、回線の関係で、系列局によっては、この時間帯を日本テレビ(NTV)系列「三菱ダイヤモンドアワー」(三菱電機単独提供。「日本プロレス中継」と「ディズニーランド」との週替わり放送)との同時ネットに充当していた局もあったため、必ずしもTBS系列全局で同時ネットされていたわけではなく、遅れネットもしくは未ネットとなった局も少なくなかった。 近畿日本鉄道の一社提供であり、テーマソングとして楠トシエ「近鉄特急の歌」が使用された。 (ja)
  • 『近鉄金曜劇場』(きんてつきんようげきじょう)は、1961年(昭和36年)10月6日から1967年(昭和42年)9月29日まで、当時JNN系列であった朝日放送(ABC)を幹事局に、TBS系列で毎週金曜日20:00 - 21:00(後に「JNNフラッシュニュース」が入ったことにより4分短縮)に放送されていたテレビドラマ専門枠。 制作は、TBS系列局であり、かつJNN基幹局であるABC・TBS・中部日本放送(CBC)・北海道放送(HBC)・RKB毎日放送(RKB)が持ち回りで担当した。1965年9月3日 - 1967年3月31日までは、ヒューマンドラマ路線を主とし、「愛とこころのシリーズ」というサブタイトルが冠されていた。 「東芝日曜劇場」とともに、名作ドラマを数多く輩出したドラマ枠ではあったが、当時の民放は地方都市を中心に1局しかなかった、オープンネットの状態が多く、回線の関係で、系列局によっては、この時間帯を日本テレビ(NTV)系列「三菱ダイヤモンドアワー」(三菱電機単独提供。「日本プロレス中継」と「ディズニーランド」との週替わり放送)との同時ネットに充当していた局もあったため、必ずしもTBS系列全局で同時ネットされていたわけではなく、遅れネットもしくは未ネットとなった局も少なくなかった。 近畿日本鉄道の一社提供であり、テーマソングとして楠トシエ「近鉄特急の歌」が使用された。 (ja)
rdfs:label
  • 近鉄金曜劇場 (ja)
  • 近鉄金曜劇場 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:2放送枠 of
is prop-ja:2次番組 of
is prop-ja:4放送枠 of
is prop-ja:放送枠 of
is foaf:primaryTopic of