Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 近接格闘術(きんせつかくとうじゅつ)とは、軍隊や準軍事組織、情報機関、警察などの武装組織で戦闘技術として訓練されている格闘術。武器を持たない徒手によるものだけでなく、ナイフ、銃剣、警棒やスコップ、トマホークなどの武器も使用した内容である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1166093 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2659 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 95 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59253587 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主要技術
  • 様々
prop-ja:使用武器
  • 様々
prop-ja:創始者
  • 様々
prop-ja:派生種目
  • 一部の護身術
prop-ja:流派
  • 様々
prop-ja:源流
  • 様々(フェンシング・ボクシング・柔道等)
prop-ja:画像名
  • ArmyMilCombativesChokehold.jpg
prop-ja:画像説明
prop-ja:発生国
  • 世界各国
prop-ja:発生年
  • 様々
prop-ja:競技形式
  • 様々
prop-ja:読み
  • きんせつかくとうじゅつ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 近接格闘術(きんせつかくとうじゅつ)とは、軍隊や準軍事組織、情報機関、警察などの武装組織で戦闘技術として訓練されている格闘術。武器を持たない徒手によるものだけでなく、ナイフ、銃剣、警棒やスコップ、トマホークなどの武器も使用した内容である。
rdfs:label
  • 近接格闘術
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of