Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 辻 維岳(つじ いがく、男性、文政6年(1823年)7月 - 明治27年(1894年)1月4日)は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した武士・官僚である。安芸国(現在の広島県西部)出身の広島藩士で、維新後は男爵。通称は初め勘三郎で、のち将曹(しょうそう / 「近衛府の四等官」を意味する)と改め、専らこの名前でよく知られている。号は僊風(せんぷう)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 859156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3703 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56977411 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 辻 維岳(つじ いがく、男性、文政6年(1823年)7月 - 明治27年(1894年)1月4日)は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した武士・官僚である。安芸国(現在の広島県西部)出身の広島藩士で、維新後は男爵。通称は初め勘三郎で、のち将曹(しょうそう / 「近衛府の四等官」を意味する)と改め、専らこの名前でよく知られている。号は僊風(せんぷう)。
rdfs:label
  • 辻維岳
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of