Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 農業革命(のうぎょうかくめい)とは、輪作と囲い込みによる農業生産の飛躍的向上とそれに伴う農村社会の構造変化を指す。特に言及がない場合は18世紀イギリスで起きたものを指すが、同様の現象は同時期の西ヨーロッパ全域で起きている。カブなどの根菜と栽培牧草を特徴とする新農法は、従来の三圃制では地力回復のために避けられなかった休耕地を必要とせず、農業生産の増加と地力の回復を両立させ、また一年を通じた家畜の飼育が可能となった。農業生産が増加した結果、人口革命といわれるほどの人口増加をもたらし、産業革命の要因の一つとなった。なお、トフラーは『第三の波』の中で、人類が約15000年ほど前の新石器時代に農耕を開始したことをもって「農業革命」(“agrarian revolution”の直訳)と呼んだが、これは社会構造が狩猟採集社会から農耕社会に切り替わったこと(新石器革命の一部)を示しており、歴史学で本来使われる農業革命(本項で述べる)とは別の概念である(詳細は「アルビン・トフラー」を参照)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 706037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59113363 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 農業革命(のうぎょうかくめい)とは、輪作と囲い込みによる農業生産の飛躍的向上とそれに伴う農村社会の構造変化を指す。特に言及がない場合は18世紀イギリスで起きたものを指すが、同様の現象は同時期の西ヨーロッパ全域で起きている。カブなどの根菜と栽培牧草を特徴とする新農法は、従来の三圃制では地力回復のために避けられなかった休耕地を必要とせず、農業生産の増加と地力の回復を両立させ、また一年を通じた家畜の飼育が可能となった。農業生産が増加した結果、人口革命といわれるほどの人口増加をもたらし、産業革命の要因の一つとなった。なお、トフラーは『第三の波』の中で、人類が約15000年ほど前の新石器時代に農耕を開始したことをもって「農業革命」(“agrarian revolution”の直訳)と呼んだが、これは社会構造が狩猟採集社会から農耕社会に切り替わったこと(新石器革命の一部)を示しており、歴史学で本来使われる農業革命(本項で述べる)とは別の概念である(詳細は「アルビン・トフラー」を参照)。
rdfs:label
  • 農業革命
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of