Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 農政全書(のうせいぜんしょ)は、明代の暦数学者・徐光啓 (1562–1633) によってまとめられた農書。農業のみでなく、製糸・棉業・水利などについても扱っている。当時の明は、イエズス会の宣教師が来訪するなど、西洋世界との交流が盛んになっていたほか、スペイン商人の仲介でアメリカ大陸の物産も流入していた。こうしたことを反映して、農政全書ではアメリカ大陸から伝来したさつまいもについて詳細な記述があるほか、西洋(インド洋の西、オスマン帝国)技術を踏まえた水利についての言及もなされている。徐光啓の死後である崇禎12(1639)年に刊行された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1019763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58872732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 農政全書(のうせいぜんしょ)は、明代の暦数学者・徐光啓 (1562–1633) によってまとめられた農書。農業のみでなく、製糸・棉業・水利などについても扱っている。当時の明は、イエズス会の宣教師が来訪するなど、西洋世界との交流が盛んになっていたほか、スペイン商人の仲介でアメリカ大陸の物産も流入していた。こうしたことを反映して、農政全書ではアメリカ大陸から伝来したさつまいもについて詳細な記述があるほか、西洋(インド洋の西、オスマン帝国)技術を踏まえた水利についての言及もなされている。徐光啓の死後である崇禎12(1639)年に刊行された。
rdfs:label
  • 農政全書
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of