Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 辞賦(じふ)とは、中国の韻文における文体の一つ。戦国時代に楚で作られた『楚辞』の「離騒」を代表とする文体(騒体)と漢代に形成された賦と呼ばれる文体を総称したもの。両者は文体上の共通性をもち、かつ歴史的に賦は『楚辞』に起源をもつと考えられたのでこの名がある。賦は『楚辞』の形式を継承しているが、多く散文の手法が取り入れられ、抒情的な要素がなくなり、抒事的な内容を扱っている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 349229 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 336 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57915005 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 辞賦(じふ)とは、中国の韻文における文体の一つ。戦国時代に楚で作られた『楚辞』の「離騒」を代表とする文体(騒体)と漢代に形成された賦と呼ばれる文体を総称したもの。両者は文体上の共通性をもち、かつ歴史的に賦は『楚辞』に起源をもつと考えられたのでこの名がある。賦は『楚辞』の形式を継承しているが、多く散文の手法が取り入れられ、抒情的な要素がなくなり、抒事的な内容を扱っている。
rdfs:label
  • 辞賦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of