Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日本における輸入車(ゆにゅうしゃ)とは、日本国外で生産され、日本に輸入される自動車である。日本では、1965年に自動車の輸入が自由化された。以後、年間の新規登録台数は数万台規模で推移していたが、1980年代後半から急激に増加した。1996年、史上最高となる42万7525台でピークを迎えたが、2年後の1998年には27万5869台まで減少した。以後は日本車(国産車)の販売と同様、ゆるやかな減少傾向となっている。2006年の新規登録台数は26万2274台であり、乗用車販売に占める輸入車のシェアは7.9%であった(以上、日本自動車輸入組合統計資料)。日本は自動車販売台数で世界第3位の規模を持つ巨大市場であるにもかかわらず、第二次世界大戦後、日本で現地生産を行う日本国外の自動車メーカーは僅かしかいない。これは、アメリカ合衆国やEU(欧州連合)の市場との大きな相違である。結果として、日本においては「自国外のメーカー・ブランドの自動車イコール輸入車」という関係がほぼ例外なく成り立っている。そのため、輸入車を外国車と呼んだり、さらにそれを短縮して外車と呼ぶこともある。このような状況のため、日本国内においては、販売される自動車を「輸入車/日本車」と明確に大区分したうえ、それぞれを異なる基準で評価・認識する傾向がある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 125398 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 27519 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 446 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59237450 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日本における輸入車(ゆにゅうしゃ)とは、日本国外で生産され、日本に輸入される自動車である。日本では、1965年に自動車の輸入が自由化された。以後、年間の新規登録台数は数万台規模で推移していたが、1980年代後半から急激に増加した。1996年、史上最高となる42万7525台でピークを迎えたが、2年後の1998年には27万5869台まで減少した。以後は日本車(国産車)の販売と同様、ゆるやかな減少傾向となっている。2006年の新規登録台数は26万2274台であり、乗用車販売に占める輸入車のシェアは7.9%であった(以上、日本自動車輸入組合統計資料)。日本は自動車販売台数で世界第3位の規模を持つ巨大市場であるにもかかわらず、第二次世界大戦後、日本で現地生産を行う日本国外の自動車メーカーは僅かしかいない。これは、アメリカ合衆国やEU(欧州連合)の市場との大きな相違である。結果として、日本においては「自国外のメーカー・ブランドの自動車イコール輸入車」という関係がほぼ例外なく成り立っている。そのため、輸入車を外国車と呼んだり、さらにそれを短縮して外車と呼ぶこともある。このような状況のため、日本国内においては、販売される自動車を「輸入車/日本車」と明確に大区分したうえ、それぞれを異なる基準で評価・認識する傾向がある。
rdfs:label
  • 輸入車 (日本)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of