Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 軌間(きかん)は、鉄道の線路を構成する左右のレールの間隔である。ゲージ (gauge) ともいう。レールには幅があるため、レール頭部の内側の最短距離と規定される(詳しくは後述)。軌間は鉄道の機能・能力に関わる重要な要素であり、また軌間の異なる鉄道の間では通常は直通運転は不可能である。世界で最も普及している軌間は1435mm(4フィート8.5インチ)で、標準軌と呼ばれる。標準軌より広い軌間を広軌、狭いものを狭軌と呼ぶ。日本で多い狭軌は、在来線でよく使われる1067mmである。軌間を変更することは改軌と呼ばれる。しかし、改軌は周辺のものに大きく影響があり費用も莫大のため、余程の理由がない限り行われない。曲線部では、車輪のフランジがレールに接触することなく走行できるように、レールの間隔を所定の軌間より30ミリメートル広げることがある。この増分をスラック(拡度)と呼ぶ。車軸の構造上、曲線で左右両輪の回転差を吸収できないため、フランジ内外の輪径差で吸収する。曲線通過時に金属音を発するのは、回転差によるレールとの摩擦音である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3984 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 32275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57795152 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 軌間(きかん)は、鉄道の線路を構成する左右のレールの間隔である。ゲージ (gauge) ともいう。レールには幅があるため、レール頭部の内側の最短距離と規定される(詳しくは後述)。軌間は鉄道の機能・能力に関わる重要な要素であり、また軌間の異なる鉄道の間では通常は直通運転は不可能である。世界で最も普及している軌間は1435mm(4フィート8.5インチ)で、標準軌と呼ばれる。標準軌より広い軌間を広軌、狭いものを狭軌と呼ぶ。日本で多い狭軌は、在来線でよく使われる1067mmである。軌間を変更することは改軌と呼ばれる。しかし、改軌は周辺のものに大きく影響があり費用も莫大のため、余程の理由がない限り行われない。曲線部では、車輪のフランジがレールに接触することなく走行できるように、レールの間隔を所定の軌間より30ミリメートル広げることがある。この増分をスラック(拡度)と呼ぶ。車軸の構造上、曲線で左右両輪の回転差を吸収できないため、フランジ内外の輪径差で吸収する。曲線通過時に金属音を発するのは、回転差によるレールとの摩擦音である。
rdfs:label
  • 軌間
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of